谷口教授が表象文化論学会ニュースレター「REPRE」に寄稿しました

 谷口忠大教授が、表象文化論学会ニュースレター「REPRE」の小特集「人間生活、意味、記号」に、「現代の人工知能と『言葉の意味』。そして記号創発システム。」というタイトルで寄稿しました。このニュースレ

計測と制御学会誌の特集”WRS"に事例紹介として我々の取り組みが掲載されました

創発システム研究室が、奈良先端科学技術大学院大学および㈱Panasonicと共同で取り組んだWRSの取り組みが、計測と制御学会誌2022年6月号(Vol. 61 No.6)で事例紹介されました。タイト

谷口教授のコラムが京都新聞「現代の言葉」欄に掲載されました

 谷口忠大教授のコラムが、2022年6月14日付の京都新聞夕刊、「現代のことば」欄に掲載されました。今回のタイトルは「AI時代の言語学習」です。教授は、言語についてテキスト(文字列)だけでできている存

博士後期課程(D1)長谷川 翔一さんが、中学生対象に模擬授業を行いました

 博士後期課程(D1)長谷川 翔一さんが、立命館宇治中学校の生徒対象に、「家庭用ロボットを支える技術について知ろう」というタイトルで模擬授業を行いました。たくさんの中学生が、私たちの研究に興味を持って

JSTムーンショット目標3の研究がロボスタ「ロボットの見方」で紹介されました

 谷口忠大教授が参加しているJSTのプロジェクト、ムーンショット目標3「人とAIロボットの創造的共進化によるサイエンス開拓」の研究が、WEBマガジン「ロボスタ」の人気連載「ロボットの見方」で紹介されま

谷口教授が読売新聞夕刊みんなの科学欄「自動車ゲームもAI勝利」にコメントしました

 谷口教授が、2022年3月24日発行の、読売新聞夕刊5面の「自動車ゲームもAI勝利」にコメントしました。ご一読くださると幸いです。

谷口教授のコラムが京都新聞「現代の言葉」欄に掲載されました

 谷口忠大教授のコラムが、2022年4月1日付の京都新聞夕刊、「現代のことば」欄に掲載されました。今回のタイトルは「仕事と出勤」です。教授は、コロナ禍が始まって3年目の新年度に、自分にとって仕事とは何

El Hafi Lotfi先生が日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス研究専門委員会HSRコミュニティ研究奨励賞を受賞

  研究教員のEl Hafi Lotfi先生が、日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス研究専門委員会のHSRコミュニティ研究奨励賞を受賞しました。El Hafi Lotfi先生は、立命館グ

山木良輔さん(M1)がNLP2022で若手奨励賞を受賞しました

 創発システム研究室の博士課程前期課程1回生、山木良輔さんが、言語処理学会第28回年次大会(NLP2022)で若手奨励賞を受賞しました。発表タイトルは、「Holographic Embeddingsに

RoboCup Japan Open 2021,@ホーム DSPL Technical Challengeで準優勝しました

 創発システム研究室と、大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部との合同チーム、「OIT-RITS」は、RoboCup Japan Open 2021 @ホーム DSPL Technical Chal