ALL201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004200320021994

International Journal Paper

  1. Tadahiro Taniguchi, Emre Ugur, Matej Hoffmann, Lorenzo Jamone, Takayuki Nagai, Benjamin Rosman, Toshihiko Matsuka, Naoto Iwahashi, Erhan Oztop, Justus Piater, Florentin Wörgötter, Symbol Emergence in Cognitive Developmental Systems: a Survey, IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems, (), 2018. accepted BibTeX
  2. Tadahiro Taniguchi, Ryo Yoshino, Toshiaki Takano, Multimodal Hierarchical Dirichlet Process-Based Active Perception by a Robot, Frontiers in Neurorobotics, 12(), 22, 2018. Open Access, doi: 10.3389/fnbot.2018.00022 BibTeX [LINK1]
  3. Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Tadahiro Taniguchi, SERKET: An Architecture For Connecting Stochastic Models to Realize a Large-Scale Cognitive Model, Frontiers in Neurorobotics, 12(25), 2018. doi: 10.3389/fnbot.2018.00025 BibTeX
  4. Yoshinobu Hagiwara, Masakazu Inoue, Hiroyoshi Kobayashi, Tadahiro Taniguchi, Hierarchical Spatial Concept Formation Based on Multimodal Information for Human Support Robots, Frontiers in Neurorobotics, 12(11), 1-16, 2018. DOI:10.3389/fnbot.2018.00011 BibTeX [LINK1]
  5. HaiLong Liu, Tadahiro Taniguchi, Kazuhito Takenaka and Takashi Bando, Defect-Repairable Latent Feature Extraction of Driving Behavior via a Deep Sparse Autoencoder, Sensors, 18(2), 608, 2018. doi:10.3390/s18020608 BibTeX [LINK1]
  6. Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi, and Angelo Cangelosi, Cross-Situational Learning with Bayesian Generative Models for Multimodal Category and Word Learning in Robots, Frontiers in Neurorobotics, 11(), 2017. DOI: 10.3389/fnbot.2017.00066 BibTeX [LINK1]
  7. Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi, and Tetsunari Inamura, Unsupervised Spatial Lexical Acquisition by Updating a Language Model with Place Clues, Robotics and Autonomous Systems, 99(), 166-180, 2018. DOI: 10.1016/j.robot.2017.10.013 BibTeX [LINK1]
  8. Hailong Liu, Tadahiro Taniguchi, Yusuke Tanaka, Kazuhito Takenaka and; Takashi Bando, Visualization of Driving Behavior based on Hidden Feature Extraction by using Deep Learning, IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, 18(9), 2477-2489, 2017. DOI: 10.1109/TITS.2017.2649541 BibTeX
  9. Koki Kawasaki, Tomohiro Takata, Yoshiro Fukui, Tadahiro Taniguchi, Risk-Limiting Real-Time Pricing for a Regional Prosumers’ Electricity Network with Distributed Solar Power Generation, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, 10(2), 100-109, 2017. DOI: 10.9746/jcmsi.10.100 BibTeX
  10. Tomohiro Mimura, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Tetsunari Inamura, Bayesian Body Schema Estimation using Tactile Information obtained through Coordinated Random Movements, Advanced Robotics, 31(3), 118-134, 2017. DOI: 10.1080/01691864.2016.1270854 (arXiv:1612.00305) BibTeX [LINK1]
  11. Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi, Tetsunari Inamura, Spatial Concept Acquisition for a Mobile Robot that Integrates Self-Localization and Unsupervised Word Discovery from Spoken Sentences, IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems, 8(4), 285-297, 2016. DOI: 10.1109/TCDS.2016.2565542 BibTeX [LINK1]
  12. Tadahiro Taniguchi, Shogo Nagasaka, Ryo Nakashima, Nonparametric Bayesian Double Articulation Analyzer for Direct Language Acquisition from Continuous Speech Signals, IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems, 8(3), 171-185, 2016. DOI: 10.1109/TCDS.2016.2550591 (Open Access) BibTeX [LINK1]
  13. Tadahiro Taniguchi, Takayuki Nagai, Tomoaki Nakamura, Naoto Iwahashi, Tetsuya Ogata, and Hideki Asoh, Symbol Emergence in Robotics: A Survey, Advanced Robotics, 30(-), (11-12)706-728, 2016. DOI:10.1080/01691864.2016.1164622 BibTeX [LINK1]
  14. Tadahiro Taniguchi, Ryo Nakashima, Hailong Liu and Shogo Nagasaka, Double Articulation Analyzer with Deep Sparse Autoencoder for Unsupervised Word Discovery from Speech Signals, Advanced Robotics, 30(-), (11-12)770-783, 2016. DOI:10.1080/01691864.2016.1159981 BibTeX [LINK1]
  15. Tadahiro Taniguchi, Tomohiro Takata, Yoshiro Fukui and Koki Kawasaki, Convergent Double Auction Mechanism for a Prosumers’ Decentralized Smart Grid, Energies, 8(11), 12342-12361, 2015. doi:10.3390/en81112315 (Open Access) BibTeX [LINK1]
  16. Shiro Yano and Tadahiro Taniguchi, Economically efficient power storage operation by dealing with the non-normality of power prediction, Energies, 8(10), 12211-12227, 2015. doi:10.3390/en81012211 (Open Access) BibTeX [LINK1]
  17. Tadahiro Taniguchi, Kai Furusawa, Hailong Liu, Yusuke Tanaka, Kazuhito Takenaka, and Takashi Bando, Determining Utterance Timing of a Driving Agent with Double Articulation Analyzer, IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, 17(3), 810-821, 2015. doi:10.1109/TITS.2015.2484421 (Open Access) BibTeX [LINK1]
  18. Tadahiro Taniguchi, Shogo Nagasaka, Kentarou Hitomi, Naiwala P. Chandrasiri, Takashi Bando and Kazuhito Takenaka, Sequence Prediction of Driving Behaviour Using Double Articulation Analyzer, IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics: Systems, 46(9), 1300-1313, 2015. doi:10.1109/TSMC.2015.2465933 BibTeX [LINK1]
  19. Tadahiro Taniguchi, Koki Kawasaki, Yoshiro Fukui, Tomohiro Takata and Shiro Yano, Automated Linear Function Submission-Based Double Auction as Bottom-up Real-Time Pricing in a Regional Prosumers’ Electricity Network, Energies, 8(7), 7381-7406, 2015. doi:10.3390/en8077381 (Open Access) BibTeX [LINK1]
  20. Yoshiro Fukui, Shiro Yano, Tadahiro Taniguchi, Convergence error analysis of the DSM with dual-decomposition for the smart grid, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, 9(3), 1-7, 2015. (Open Access) BibTeX [LINK1]
  21. Tadahiro Taniguchi, Shogo Nagasaka, Kentaro Hitomi, Kazuhito Takenaka, and Takashi Bando, Unsupervised Hierarchical Modeling of Driving Behavior and Prediction of Contextual Changing Points, IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, 16(4), 1746-1760, 2014. BibTeX [LINK1]
  22. Tadahiro Taniguchi, Shiro Yano and Haruka Kobayashi, Finding Load Profile Primitives by using Independent Component Analysis, International Journal of Energy, Information and Communications, 4(2), 41-54, 2013. BibTeX
  23. Tatsuya Hirose, Tadahiro Taniguchi, Abstraction Multimodal Low-Dimensional Representation from High-Dimensional Posture Information and Visual Images, Journal of Robotics and Mechatronics, 25(1), 80-88, 2013. doi: 10.20965/jrm.2013.p0080 BibTeX [LINK1]
  24. Tadahiro Tagniguchi, Keita Hamahata, Naoto Iwahashi, Unsupervised Segmentation of Human Motion Data Using Sticky HDP-HMM and MDL-based Chunking Method for Imitation Learning, Advanced Robotics, 25(17), 2143-2172, 2011. BibTeX [LINK1]
  25. Tadahiro Taniguchi, Kazuma Tabuchi, Tetsuo Sawaragi, Adaptive Design of Role Differentiation by Division of Reward Function in Multi-agent Reinforcement Learning, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI), 3(1), 26-34, 2010. BibTeX [LINK1]
  26. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Incremental acquisition of multiple nonlinear forward models based on differentiation process of schema model, Neural Networks, 21(1), 13-27, 2008. BibTeX [LINK1]
  27. Tadahiro Taniguchi, Naoto Iwahashi, Komei Sugiura, Tetsuo Sawaragi, Constructive Approach to Role-Reversal Imitation Through Unsegmented Interactions, Journal of Robotics and Mechatronics, 20(4), 567-577, 2008. doi: 10.20965/jrm.2008.p0567 BibTeX [LINK1]
  28. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Incremental Acquisition of Behaviors and Signs based on Reinforcement Learning Schema Model and STDP, Advanced Robotics, 21(10), 1177-1199, 2007. BibTeX [LINK1]

Domestic Journal Paper

  1. 中村友昭,長井隆行,船越孝太郎,谷口忠大,岩橋直人,金子正秀, マルチモーダルLDAとNPYLMを用いたロボットによる物体概念と言語モ デルの相互学習, 人工知能学会論文誌, 30(3), 498-509, 2015. 2015年度人工知能学会論文賞 BibTeX [LINK1]
  2. 矢野史朗,谷衛,谷口忠大, 再生可能エネルギーと小型蓄電池を用いた自律分散型スマートグリッドの費用便益分析, 電気学会論文誌C, 134(12), 1925-1933, 2014. BibTeX [LINK1]
  3. 赤池勇磨,谷口忠大, ビブリオバトルにおける発表制限時間のデザイン, 日本経営工学会論文誌, 65(3), 157-167, 2014. (Open Access) BibTeX [LINK1]
  4. 古賀裕之,谷口忠大, 発話権取引:話し合いの場における時間配分のメカニズムデザイン, 日本経営工学会論文誌, 65(3), 144-156, 2014. (Open Access) BibTeX [LINK1]
  5. 谷口忠大, 中村仁美, 熊谷歩, 矢野史朗, 自律分散型スマートグリッドの理解を促すシリアスゲームの開発, 科学技術コミュニケーション, 15(-), 37-56, 2014. (Open Access) BibTeX [LINK1]
  6. 谷口彰,吉崎陽紀,稲邑哲也,谷口忠大, 自己位置と場所概念の同時推定に関する研究, システム制御情報学会論文誌, 27(4), 166-177, 2014. BibTeX [LINK1]
  7. 白井亨,谷口忠大, 可変長階層Pitman-Yor 言語モデルを用いたメロディー生成手法の提案, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌兼論文誌), 25(6), 901-913, 2013. BibTeX [LINK1]
  8. 谷口 忠大,山下 元気,長坂 翔吾,坂東 誉司,竹中 一仁,人見 謙太郎, 運転時系列のベイズ二重分節解析によるチャンク抽出, 計測自動制御学会論文誌, 49(11), 1047-1056, 2013. BibTeX [LINK1]
  9. 奥健太,赤池勇磨,谷口忠大, 推薦システムとしてのビブリオバトルの評価, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 15(1), 95-106, 2013. BibTeX [LINK1]
  10. 谷口忠大, 自律分散型スマートグリッドおける適応的電力融通手法 人工知能によるボトムアップな市場価格形成と電力需要応答の動態分析, 人工知能学会論文誌, 28(1), 77-87, 2013. BibTeX [LINK1]
  11. 谷口忠大,高橋佑輔, 交通行動の居住地選択行動への影響を仮定した都市動態のマルチエージェントシミュレーション, 計測自動制御学会論文集, 47(11), 571-580, 2011. BibTeX [LINK1]
  12. 谷口忠大,川上浩司,片井修, ビブリオバトル:書評により媒介される社会的相互作用場の設計, ヒューマンインタフェース学会誌, 12(4), 93-104, 2010. BibTeX [LINK1]
  13. 谷口忠大,高木圭太,榊原一紀,西川郁子, 地産地消型電力ネットワークの為のNatural Actor-Critic を用いた自動取引 エージェントの構築, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会論文誌), 21(6), 1078-1091, 2009. BibTeX [LINK1]
  14. 谷口忠大,岩橋直人, 複数予測モデル遷移のN-gram統計に基づく非分節運動系列からの模倣学習手法, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会論文誌), 21(6), 1143-1154, 2009. BibTeX [LINK1]
  15. 谷口忠大,椹木 哲夫, 汎化行為概念の適応的獲得 —双シェマモデルベースの強化学習—, 計測自動制御学会論文集, 42(3), 257-264, 2006. BibTeX [LINK1]
  16. 谷口忠大,椹木哲夫, 報酬設計を通した社会的相互作用による行為概念群の構築:シェマ理論に基づいた累増的強化学習, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), 18(4), 629-640, 2006. BibTeX [LINK1]
  17. 谷口忠大,椹木哲夫, 身体と環境の相互作用を通じた記号創発:表象生成の身体依存性についての構成論, システム・制御・情報学会誌, 18(12), 440-449, 2005. システム・制御・情報学会学会賞「論文賞」受賞 BibTeX [LINK1]
  18. 谷口忠大,椹木哲夫, 双シェマモデル, 人工知能学会論文誌, 19(6), 493-501, 2004. BibTeX [LINK1]

International Conference

  1. Ryo Ozaki, Tadahiro Taniguchi, Accelerated Nonparametric Bayesian Double Articulation Analyzer for Unsupervised Word Discovery, The 8th Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics 2019, 2018, pp. 238-244, Tokyo, Japan, accepted BibTeX
  2. Tadahiro Taniguchi, Yuta Fukusako, Toshiaki Takano, Bayesian Noisy Word Clustering Via Sampling Prototypical Words, The 8th Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics 2018, 2018, pp. 224-231, Tokyo, Japan, accepted BibTeX
  3. Oliver Roesler, Amir Aly, Tadahiro Taniguchi and Yoshikatsu Hayashi, A Probabilistic Framework for Comparing Syntactic and Semantic Grounding of Synonyms through Cross-Situational Learning, Proceedings of the International Workshop on “Representing a Complex World: Perception, Inference, and Learning for Joint Semantic, Geometric, and Physical Understanding”, in Conjunction with the IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA), 2018, Brisbane, Australia, accepted BibTeX
  4. Masashi Okada, Tadahiro Taniguchi, Acceleration of Gradient-based Path Integral Method for Efficient Optimal and Inverse Optimal Control, International Conference on Robotics and Automation (ICRA), 2018, Brisbane, Australia, accepted BibTeX
  5. Amir Aly, Tadahiro Taniguchi, Towards Understanding Object-Directed Actions: A Generative Model for Grounding Syntactic Categories of Speech through Visual Perception, International Conference on Robotics and Automation (ICRA), 2018, Brisbane, Australia, accepted BibTeX
  6. Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, and Tetsunari Inamura, SpCoSLAM: Online Multimodal Place Categorization, Spatial Lexical Acquisition and Mapping by a Mobile Robot, 2nd Workshop on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive Capabilities in Robotics (ML-HLCR 2017), 2017, Vancouver, Canada BibTeX
  7. Shota Isobe, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Learning Relationships between Objects and Places by Multimodal Spatial Concept with Bag of Objects, The International Conference on Social Robotics 2017, 2017, Tsukuba, Japan, Best Interactive Session (Finalist) BibTeX
  8. Amir Aly, Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi, A Generative Framework for Multimodal Learning of Spatial Concepts and Object Categories: An Unsupervised Part-of-Speech Tagging and 3D Visual Perception Based Approach, IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics (ICDL-EpiRob), 2017, Lisbon, Portugal BibTeX
  9. Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi and Tetsunari Inamura, Online Spatial Concept and Lexical Acquisition with Simultaneous Localization and Mapping, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, 2017, Vancouver, Canada, oral BibTeX
  10. Yuusuke Miyuki, Yoshinobu Hagiwara and Tadahiro Taniguchi, Unsupervised Learning for Spoken Word Production based on Simultaneous Word and Phoneme Discovery without Transcribed Data, IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics (ICDL-EpiRob), 2017, Lisbon, Portugal, oral BibTeX
  11. Yuki Tada, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Comparative Study of Feature Extraction Methods for Direct Word Discovery with NPB-DAA from Natural Speech Signals, IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics (ICDL-EpiRob), 2017, Lisbon, Portugal, oral BibTeX
  12. Tomohiro Mimura, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Tetsunari Inamura, Analysis of Slow Dynamics of Kinematic Structure Estimation after Physical Disorder: Constructive Approach toward Phantom Limb Pain, 27th 2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2016), 2016, Nagoya, Aichi, Japan BibTeX
  13. Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi, Angelo Cangelosi, Multiple Categorization by iCub: Learning Relationships between Multiple Modalities and Words, IROS Workshop on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive Capabilities in Robotics, 2016, Daejeon, Korea, Oral BibTeX
  14. Tadahiro Taniguchi, Kaede Hayashi, Ryo Nakashima and Shogo Nagasaka, Hierarchical Dirichlet Process-Hidden Language Model for Unsupervised Word Discovery from Speech Signals, Practical Bayesian Nonparametrics workshop at NIPS 2016, 2016, Barcelona, Spain BibTeX
  15. Tomohiro Mimura, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Tetsunari Inamura, Estimation of Number of Links in a Body Schema from a Latent Sensor Distribution on a Body Map, The 1st International Symposium on Embodied-Brain Systems Science (EmboSS 2016), 2016, Tokyo BibTeX
  16. Yoshinobu Hagiwara, Masakazu Inoue, Tadahiro Taniguchi, Place Concept Learning by hMLDA Based on Position and Vision Information, IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems, 2016, The Sodoh Higashiyama Kyoto BibTeX
  17. Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi, Tetsunari Inamura, Simultaneous Estimation of Self-position and Word from Noisy Utterances and Sensory Information, IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems, 2016, The Sodoh Higashiyama Kyoto, Japan BibTeX
  18. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics for Long-Term Human-Robot Collaboration, IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems, 2016, The Sodoh Higashiyama Kyoto, Japan BibTeX
  19. Yusuke Fuchida, Tadahiro Taniguchi, Toshiaki Takano, Takuma Mori, Kazuhito Takenaka, Takashi Bando, Driving Word2vec: Distributed Semantic Vector Representation for Symbolized Naturalistic Driving Data, IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV), 2016, Gothenburg, Sweden BibTeX
  20. Tomohiro Mimura, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Tetsunari Inamura, Clustering latent sensor distribution on body map for generating body schema, International Conference on Intelligent Autonomous Systems, 2016, Shanghai, China BibTeX
  21. Akira Taniguchi, Lv Wanpeng, Tadahiro Taniguchi, Toshiaki Takano, Yoshinobu Hagiwara, Shiro Yano, Simultaneous Localization, Mapping and Self-body Shape Estimation by a Mobile Robot, International Conference on Intelligent Autonomous Systems, 2016, Shanghai, China BibTeX
  22. Tadahiro Taniguchi, Nonparametric Bayesian Word Discovery for Symbol Emergence in Robotics the Workshop on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive Capabilities, the Workshop on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive Capabilities in Robotics 2016 (IROS2016), 2016, Invited Talk BibTeX
  23. HaiLong Liu, Tadahiro Taniguchi, Kazuhito Takenaka, Yuusuke Tanaka, and Takashi Bando, Reducing the Negative Effect of Defective Data on Driving Behavior Segmentation Via a Deep Sparse Autoencoder, IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systema, 2016 BibTeX
  24. Kazuhito Takenaka, Takashi Bando, Tadahiro Taniguchi, Automatic Generation of Summarized Driving Video with Music and Captions, 41th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON), 2015, Yokohama BibTeX
  25. Satoshi Ishibushi, Akira Taniguchi, Toshiaki Takano, Yoshinobu Hagiwara and Tadahiro Taniguchi, Statistical Localization Exploiting Convolutional Neural Network for an Autonomous Vehicle, 41th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON), 2015, Yokohama BibTeX
  26. HaiLong Liu, Tadahiro Taniguchi, Yusuke Tanaka, Kazuhito Takenaka and Takashi Bando, Essential Feature Extraction of Driving Behavior Using a Deep Learning Method, 2015 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV’15), 2015, Best Student Paper Award BibTeX
  27. Masataka Mori, Kazuhito Takenaka, Takashi Bando, Tadahiro Taniguchi, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda, Automatic Lane Change Extraction based on Temporal Patterns of Symbolized Driving Behavioral Data, 2015 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV’15), 2015 BibTeX
  28. Tadahiro Taniguchi, Toshiaki Takano, Ryo Yoshino, Active Perception based on Multimodal Hierarchical Dirichlet Processes, The Multimodal Machine Learning (MMML2015), 2015, Montreal, Oral spotlight BibTeX
  29. Liu Hailong and Taniguchi Tadahiro, Feature extraction and pattern recognition for human motion by a deep sparse autoencoder, The 14th IEEE International Conference on Computer and Information Technology, 2014, Xian, China BibTeX
  30. Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Kotaro Funakoshi, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi and Naoto Iwahashi, Mutual Learning of an Object Concept and Language Model Based on MLDA and NPYLM, 2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS’14), 2014, Chicago, IL, USA BibTeX
  31. HaiLong Liu, Tadahiro Taniguchi, Toshiaki Takano, Yusuke Tanaka, Kazuhito Takenaka and Takashi Bando, Visualization of Driving Behavior Using Deep Sparse Autoencoder, 2014 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV’14), 2014 BibTeX
  32. Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Kentarou Hitomi, Kazuhito Takenaka and Takashi Bando, Prediction of Next Contextual Changing Point of Driving Behavior Using Unsupervised Bayesian Double Articulation Analyzer, 2014 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV’14), 2014, Oral 6% BibTeX
  33. Takashi Bando, Kazuhito Takenaka, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Generating Contextual Description from Driving Behavioral Data, 2014 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV’14), 2014 BibTeX
  34. Kenya Sudo, Shogo Nagasaka, Kuniaki Kobayashi, Tadahiro Taniguchi and Toshiaki Takano, Encouraging User Interaction of Social Network Through Tweet Recommendation Using Community Structure, 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, 2013, Taipei BibTeX
  35. Shiro Yano, Tadahiro Taniguchi, Dynamic game approach for Decentralized optimal controlof Renewable energy network, Fourth International Workshop on Agent Technologies for Energy Systems (ATES2013), 2013, Minnesota BibTeX
  36. Tomoaki Nakamura, Takaya Araki, Takayuki Nagai, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Naoto Iwahashi, Multimodal Concept and Word Learning Using Phoneme Sequences with Errors, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, 2013 BibTeX
  37. Takashi Bando, Kazuhito Takenaka, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Automatic Drive annotation via multimodal latent topic model, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, 2013 BibTeX
  38. Kazuhito Takenaka, Takashi Bando, Shogo Nagasaka, and Tadahiro Taniguchi, Contextual Segmentation for Drive Image Sequences based on Multimodal Topic Model, SICE Annual conference 2013, 2013 BibTeX
  39. Takashi Bando, Kazuhito Takenaka, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Unsupervised drive topic finding from driving behavioral data, 2013 IEEE Intelligent Vehicles Symposium, 2013, Gold Coast BibTeX
  40. Takashi Bando, Kazuhito Takenaka, Shogo Nagasaka and Tadahiro Taniguchi, Road Context Estimation from Driving Behavioral Data, FAST-zero’13, 2013 BibTeX
  41. Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Genki Yamashita, Kentarou Hitomi, and Takashi Bando, Finding meaningful robust chunks from driving behavior based on double articulation analyzer, IEEE/SICE Intl Symposium on System Integration 2012 (SII 2012), 2012, Fukuoka BibTeX
  42. Mamoru Tani, Shiro Yano and Tadahiro Taniguchi, Cost-volume-profit analysis for customer entering the smart grid called i-Rene, Asia-Pacific Forum on Renewable Energy 2012 (AFORE 2012), 2012, Jeju, Korea BibTeX
  43. Shiro Yano, Tatsunori Kishi, Tadahiro Taniguchi, Normality test on the annual electricity consumption and PV generation in Higashi-Ohmi City, The 1st International Workshop on Smart Technologies for Energy, Information and Communication, 2012, Sendai, Japan BibTeX
  44. Tadahiro Taniguchi, Shiro Yano, Haruka Kobayashi, Finding Load Profile Primitives by using Independent Component Analysis, The 1st International Workshop on Smart Technologies for Energy, Information and Communication, 2012, Sendai, Japan BibTeX
  45. Tadahiro Taniguchi, Shiro Yano, Decentralized Trading and Demand Side Response in Inter-Intelligent Renewable Energy Network, The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems / The 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, 2012, Kobe BibTeX
  46. Kazuhito Takenaka, Takashi Bando, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Drive Video Summarization based on Double Articulation Structure of Driving Behavior, ACM Multimedia 2012, 2012, Nara, Japan BibTeX
  47. Kazuhito Takenaka, Takashi Bando, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Kentarou Hitomi, Contextual Scene Segmentation of Driving Behavior based on Double Articulation Analyzer, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 2012 (IROS 2012), 2012, Vilamoura, Algarve [Portugal] BibTeX
  48. Takaya Araki, Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, Naoto Iwahashi, Online Learning of Concepts and Words Using Multimodal LDA and Hierarchical Pitman-Yor Language Model, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 2012 (IROS 2012), 2012, Vilamoura, Algarve [Portugal] BibTeX
  49. Tadahiro Taniguchi, Shogo Nagasaka, Kentarou Hitomi, Naiwala P. Chandrasiri, Takashi Bando, Semiotic Prediction of Driving Behavior using Unsupervised Double Articulation Analyzer, 2012 IEEE Intelligent Vehicles Symposium, 2012, Alcalá de Henares, Spain BibTeX
  50. Tadahiro Taniguchi, Shogo Nagasaka, Double Articulation Analyzer for Unsegmented Human Motion using Pitman-Yor Language model and Infinite Hidden Markov Model, 2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 2011, Kyoto, Japan BibTeX
  51. Akira Shirai, Tadahiro Taniguchi, A Proposal of an Interactive Music Composition System Using Gibbs Sampler, 14th International Conference on Human-Computer Interaction ( Human-Computer Interaction, Part I, HCII 2011, LNCS 6761), 2011, Orlando BibTeX
  52. Hiroyuki Koga, Tadahiro Taniguchi, Developing a User Recommendation Engine on Twitter Using Estimated Latent Topics, 14th International Conference on Human-Computer Interaction ( Human-Computer Interaction, Part I, HCII 2011, LNCS 6761), 2011, Orlando BibTeX
  53. Hidetsugu Suto, Tadahiro Taniguchi, Hiroshi Kawakami, A Study of Communication Scheme for Media Biotope, SICE Annual Conference 2011, 2011, Tokyo BibTeX
  54. Tadahiro Taniguchi, Hiroto Nakanishi, Naoto Iwahashi, Simultaneous estimation of role and response strategy in human-robot role-reversal imitation learning, The 11th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems, 2010, Valencienne, France BibTeX
  55. Tadahiro Taniguchi, Yusuke Takahashi, Ikuko Nishikawa, Multi-agent simulation on relationship between individuals’ travel behavior and residential choice behavior, SICE Annual Conference 2010, 2010, Taiwan BibTeX
  56. Naoto Iwahashi, Komei Sugiura, Ryo Taguchi, Takayuki Nagai, Tadahiro Taniguchi, Robots That Learn to Communicate: A Developmental Approach to Personally and Physically Situated Human-Robot Conversation, Dialog with Robots AAAI 2010 Fall Symposium, 2010, Arlington, VA. BibTeX
  57. Tadahiro Taniguchi, Hiroshi Kawakami, Osamu Katai, Bibliobattle: Informal community scheme based on book review sessions, The 8th International Workshop on Social Intelligence Design (SID2009), 2009, Kyoto, Japan BibTeX
  58. Keita Hamahata, Tadahiro Taniguchi, Kazutoshi Sakakibara, Ikuko Nishikawa, Kazuma Tabuchi, Tetsuo Sawaragi, Effective integration of imitation learning and reinforcement learning by generating internal reward, Eighth International Conference on Intelligent System Design and Applications, 2008, Kaohsiung Taiwan BibTeX
  59. Tadahiro Taniguchi, Naoto Iwahashi, Imitation Learning from Unsegmented Human Motion using Switching Autoregressive Model and Singular Vector Decomposition, International Conference on Neural Information Processing, 2008, Auckland New Zealand, The article is published in Advances in Neuro-Information Processing, Springer, 2009, 5506, pp.953-961 BibTeX
  60. Tadahiro Taniguchi, Kazuma Tabuchi, Tetsuo Sawaragi, Role differentiation process by division of reward function in multi-agent reinforcement learning, SICE Annual Conference 2008, 2008, Chofu BibTeX
  61. Tadahiro Taniguchi, Kenji Ogawa, Tetsuo Sawaragi, Implicit estimation of other’s intention without direct observation of actions in a collaborative task: Situation-Sensitive Reinforcement Learning, SICE Annual Conference 2007, 2007, Takamatsu, Kagawa, SICE Annual Conference 2007 International Award Finalist ノミネート BibTeX
  62. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Dynamic Process of a User’s Development of Multiple Internal Models of Automation Behavior Including Mode Transitions, 2nd International Symposium on Mobiligence in Awaji, 2007, Awaji, poster session BibTeX
  63. Tadahiro Taniguchi, Naoto Iwahashi, Computational model of role reversal imitation through continuous human-robot interaction, Workshop on Multimodal Interfaces in Semantic Interaction, 2007, Nagoya BibTeX
  64. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Incremental Acquisition of Compositional Schemata based on Behavioral Learning, Epirob, 2006, Paris, poster session BibTeX
  65. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Symbol emergence by combining a reinforcement learning schema model with asymmetric synaptic plasticity, Proceedings in 5th International Conference on Development and Learning, 2006, Bloomington, IN USA BibTeX
  66. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Incremental acquisition of behavioral concepts through social interactions with a caregiver, Artificial Life and Robotics (AROB `06), 2006, Oita BibTeX
  67. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Adaptive Organization of Generalized Behavioral Concepts for Autonomous Robots: Schema-Based Modular Reinforcement Learning’, IEEE International symposium on CIRA 2005, 2005, Espoo, Finland BibTeX
  68. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Design and Performance of Symbols Self-Organized within an Autonomous Agent Interacting with Varied Environments, IEEE International Workshop on RO-MAN, 2004, Okayama BibTeX
  69. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Self-Organization of Inner Symbols for Chase: Symbol Organization and Embodiment, IEEE International Conference on SMC 2004, 2004, Hague, Netherlands BibTeX
  70. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, An Approach of Self- Organizational Learning System of Autonomous Robots by Grounding Symbols through Interaction with Their Environment, SICE Annual conference 2003, 2003, Fukui BibTeX
  71. Tadahiro Taniguchi, Tetsuo Sawaragi, Assimilation and Accommodation for Self-organizational Learning of Autonomous Robots: Proposal of Dual-Schemata Model, IEEE International symposium on CIRA 2003, 2003, Kobe BibTeX

Domestic Conference

  1. 谷口忠大, 記号接地問題から記号創発問題への移行の必要性~ダイナミクスとしての記号と認知~, 日本認知科学会第35回大会, 2018 BibTeX
  2. 谷口 彰, 萩原 良信, 谷口 忠大, 稲邑 哲也, 場所概念と地図と言語モデルのスケーラブルなオンライン学習, 第36回 日本ロボット学会 学術講演会, 2018, 1C3-02 BibTeX
  3. 宮澤 和貴, 岩田 健輔, 勝又 勇貴, 黄瀬 輝, 田渕 義基, 水地 良明, 坂戸 達陽, 相良 陸成, 谷口 忠大, 長井 隆行, 複数の概念形成モデルの統合によるロボットの家事タスクの実現, 第36回 日本ロボット学会 学術講演会, 2018, 1C2-04 BibTeX
  4. 尾崎 僚, 谷口 忠大, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析器の高速化に関する研究, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)(JSAI2018), 2018, 3Z2-02 BibTeX [LINK1]
  5. 黄瀬輝, 谷口忠大, Generative Adversarial Imitation Learningにタスク達成報酬を付加した動作の学習, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)(JSAI2018), 2018, 2L2-OS-6a-03 BibTeX [LINK1]
  6. 林楓, 岩田具治, 谷口忠大, 深層混合モデルによるクラスタリング, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)(JSAI2018), 2018, 4A1-04 BibTeX [LINK1]
  7. 田渕義基,谷口彰,萩原良信,谷口忠大, 家庭環境における移動ロボットの能動的地図生成と場所概念形成 , 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)(JSAI2018), 2018, 2L3-OS-6b-03 BibTeX [LINK1]
  8. 勝又 勇貴, 谷口 彰, 萩原 良信, 谷口 忠大, 場所概念形成に基づいた空間のSemantic Mapping, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)(JSAI2018), 2018, 2L2-OS-6a-02 BibTeX [LINK1]
  9. 林楓,岩田具治,谷口忠大, 深層混合モデルによるクラスタリング, 第20回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2017) ディスカッショントラック, 2017 BibTeX
  10. 谷口忠大, 次世代人工知能と記号学, 第8回横幹連合コンファレンス , 2017 BibTeX
  11. 三村知洋,萩原良信,稲邑哲也,谷口忠大, Double touchにより得られた触覚情報を用いた身体のリンク長の推定, 第35回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017), 2017, 2I1-04 BibTeX
  12. 石毛真修, 梅舘拓也, 谷口忠大, 川原圭博, 強化学習を用いた一次元ひも状ソフトロボットの力覚フィードバック機構の耐故障性の検証, 電子情報通信学会, 2018 BibTeX
  13. 三村 知洋, 萩原 良信, 谷口 忠大, 稲邑 哲也, 身体のリンク構造推定のための計算論モデルを用いた身体部位の欠損における脳内身体表現の適応に関する研究 , 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016, 2016 BibTeX
  14. 浅田 和弥, 萩原 良信, 谷口 忠大, 稲邑 哲也, クラウド仮想環境におけるマルチモーダル情報に基づいた場所概念の形成, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016, 2016 BibTeX
  15. 石伏智,谷口彰,萩原良信,谷口忠大, マルチモーダル情報による場所領域と場所の名前の同時推定, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016, 2016 BibTeX
  16. 谷口彰,谷口忠大,Angelo Cangelosi, 多様なカテゴリと語彙の関係性を利用した発話文からの動作生成, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016, 2016 BibTeX
  17. 杉原智也, 劉海龍, 竹中一仁, 三澤秀明, 坂東誉司, 谷口忠大, Sequence to Sequenceモデルを用いた運転行動予測, 第35回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017), 2017, RSJ2017AC3I3-03 BibTeX
  18. 萩原 良信,井上 将一,谷口 忠大, マルチモーダル情報に基づく階層的場所概念形成, 2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)(JSAI2017, 2017, 4D2-OS-37d-5 BibTeX [LINK1]
  19. 磯部 匠汰,谷口 彰,萩原 良信,谷口 忠大, 物体の共起性に基づいたマルチモーダル場所領域学習による場所の理解, 2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)(JSAI2017), 2017, 4D2-OS-37d-4 BibTeX [LINK1]
  20. 夛田 裕貴, 幸 優佑,林 楓,萩原 良信,谷口 忠大, ノンパラメトリックベイス二重分節解析器のTIDIGITSコーパスへの適用, 2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)(JSAI2017), 2017, 4D2-OS-37d-3 BibTeX [LINK1]
  21. 谷口 彰,萩原 良信,谷口 忠大,稲邑 哲也, ノンパラメトリックベイズモデルとSLAMの統合による地図と場所概念の逐次学習, 2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)(JSAI2017), 2017, 3D1-OS-37a-2 BibTeX [LINK1]
  22. 林楓,中島諒,長坂翔吾,谷口忠大, 階層ディリクレ過程隠れ言語モデルと 深層学習を用いた語彙獲得過程の計算論, 日本認知科学会第33回大会, 2016 BibTeX
  23. 浅田和弥,萩原良信,谷口忠大,稲邑哲也, クラウド仮想環境における場所概念形成のためのマルチモーダル情報収集システム, 計測自動制御学会第21回創発システム・シンポジウム, 2015 BibTeX
  24. 福井隆士,石伏智,萩原良信,谷口忠大, 移動ロボットによる場所概念に基づく指示領域探索, 第34回 日本ロボット学会学術講演会, 2016 BibTeX
  25. 石伏智,谷口彰,萩原良信,谷口忠大, ノンパラメトリックベイズモデルに基づく自己位置と画像特徴による場所領域学習, 第34回 日本ロボット学会学術講演会, 2016 BibTeX
  26. 谷口彰,谷口忠大, 幼児ロボットによる多様なカテゴリの形成と単語の関係性の学習, 第34回 日本ロボット学会学術講演会, 2016 BibTeX
  27. 石伏智,谷口彰,萩原良信,高野敏明,谷口忠大, 自己位置と画像の高次特徴量に基づく教師なし場所領域学習, 2016年度人工知能学会全国大会, 2016, 2I3-4 BibTeX
  28. 林楓,高野敏明,萩原良信,谷口忠大, 階層ディリクレ過程隠れ言語モデルへの変分ベイズ法の適用, 2016年度人工知能学会全国大会, 2016, 2I3-1 BibTeX
  29. 萩原良信,牛見光,谷口彰,谷口忠大, 音列と場所の相互分節化に基づくノンパラメトリックベイズ言語創発, 2016年度人工知能学会全国大会, 2016, 2I3-2 BibTeX
  30. 小林博慶,谷口彰,萩原良信,谷口忠大, 語彙と指差し位置の同時推定に基づく場所概念獲得, 2016年度人工知能学会全国大会, 2016, 1O3-3 BibTeX
  31. 福井隆士,石伏智,萩原良信,谷口忠大,高野敏明, 移動ロボットによる画像特徴と場所を表す語彙を統合した教師なし場所概念獲得, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16), 2016 BibTeX
  32. 浅田和弥,高野敏明,萩原良信,谷口忠大, 書棚におけるLDAを用いた書籍分類の試み, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16), 2016 BibTeX
  33. 三村知洋,萩原良信,高野敏明,谷口忠大,稲邑哲也, 身体地図からの骨格構造推定のためのベイズ生成モデル, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16), 2016 BibTeX
  34. 谷口忠大, 記号創発システム論とは何か?, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  35. 谷口忠大,高田智広,福井善朗,川崎亘輝, 線形関数提出型ダブルオークションによる地域電力網の創発的最適制御, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  36. 中島諒,谷口忠大,長坂翔吾, 深層学習とノンパラメトリックベイズ二重分節解析器を組み合わせた実音声母音列からの教師なし語彙獲得, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  37. 牛見光,谷口彰,谷口忠大,萩原良信,高野敏明, ロボットの場所と発話の相互分節化による言語創発モデル, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  38. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 実ロボットによる場所概念と言語モデルの教師なし同時学習, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015, SSI優秀論文賞, 及び SSI研究奨励賞 BibTeX
  39. 森真貴,竹中一仁,坂東誉司,谷口忠大,宮島千代美,武田一哉, トピック解析を用いた運転行動コーパスからの車線変更抽出, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  40. 劉海龍,谷口忠大,竹中一仁,坂東誉司,田中雄介, 運転挙動二重分節解析のための深層学習による特徴抽出, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  41. 石伏智,谷口彰,萩原良信,高野敏明,谷口忠大, CNNを用いた MCL による位置推定と場所領域の学習, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015, SSI優秀論文賞 BibTeX
  42. 高田智広,谷口忠大, 地産地消型スマートグリッドにおける太陽光発電量の予測不能性によるリコース費用を考慮した電力取引メカニズム, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  43. 川崎亘輝,谷口忠大,福井善朗,高田智広, 自律分散型スマートグリッドにおける確率的制約を考慮したプライシング手法, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  44. 谷口忠大, 発話時間の設計がコミュニケーション場に与える影響: ビブリオバトルと発話権取引を事例として, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  45. 三村知洋,萩原良信,高野敏明,谷口忠大,稲邑哲也, 身体図式の形成のための身体地図のクラスタリング, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  46. 谷口忠大,須藤健也, オープンスペーステクノロジーにおけるグループ分け行動の集合知メカニズム, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  47. 谷口忠大,熊谷直樹, ビブリオバトル終了後の雑談が異文化交流を加速させる, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015 BibTeX
  48. 谷口忠大,古澤魁,劉海龍,田中雄介,竹中一仁,坂東誉司, 二重分節解析器を用いた車載エージェントの発話タイミング意思決定法, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015 (SSI2015), 2015, SSI優秀論文賞 BibTeX
  49. 川崎亘輝,谷口忠大,福井善朗,高田智広, 確率的制約を考慮した自律分散型電力網におけるプライシング手法, 第21回創発システム・シンポジウム, 2015 BibTeX
  50. 三村知洋,萩原良信,谷口忠大, 身体図式の形成のためのベイズ生成モデルの研究, 第21回創発システム・シンポジウム, 2015 BibTeX
  51. 牛見光,谷口彰,萩原良信,高野敏明,谷口忠大, 言語進化における相互分節化仮説の構成論的アプローチによる検討, 第21回創発システム・シンポジウム, 2015 BibTeX
  52. 谷口忠大,須藤健也, オープンスペーステクノロジーにおけるグループ分け行動のゲーム論的分析, 日本経営工学会2015年春季大会, 2015 BibTeX
  53. 谷口忠大,長坂翔吾,中島諒, 階層ディリクレ過程隠れ言語モデルによる実音声 発話からの教師なし語彙獲得, 第33回 日本ロボット学会学術講演会, 2015 BibTeX
  54. 谷口忠大,福迫裕太, 誤りあり音素列クラスタリングのためのブロック化 ギブスサンプラー, 第33回 日本ロボット学会学術講演会, 2015 BibTeX
  55. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 音声情報と場所概念の活用による実ロボットの自己位置推定, 第33回 日本ロボット学会学術講演会, 2015 BibTeX
  56. 吉野遼,高野敏明,谷口忠大, マルチモーダル能動知覚におけるモンテカルロ近 似を利用した効率的な逐次行動選択, 第33回 日本ロボット学会学術講演会, 2015 BibTeX
  57. 中島諒,谷口忠大,長坂翔吾, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析器と深層学 習を組み合わせた母音列からの教師なし語彙獲得, 第33回 日本ロボット学会学術講演会, 2015 BibTeX
  58. 谷口忠大, 創発システム論から見る記号 内部視点から記号を捉える記号創発ロボティクスのアプローチ, 2015年度人工知能学会全国大会, 2015, 4B1-CS-2 BibTeX [LINK1]
  59. 山田優樹,高野敏明,谷口忠大, n-gramモデルとトピックモデルと係り受け解析の統合による 自然文サンプリング法, 2015年度人工知能学会全国大会, 2015, 2D4-4 BibTeX [LINK1]
  60. 石伏智,谷口彰,高野敏明,谷口忠大, Convolutional Neural Networkによる物体認識の自己位置推定への統計的活用, 2015年度人工知能学会全国大会, 2015, 2D4-2 BibTeX [LINK1]
  61. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 実ロボットを用いた自己位置と語彙の同時推定による音声言語獲得, 2015年度人工知能学会全国大会, 2015, 2D1-OS-12a BibTeX [LINK1]
  62. 江川万寿三,森真貴,竹中一仁,坂東誉司,谷口忠大,宮島千代美,武田一哉, 大規模運転行動データの記号化とその応用, 自動車技術会2015年春季大会, 2015 BibTeX
  63. 谷口忠大,熊谷直樹, 異文化コミュニケーション支援としてのビブリオバトル, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’15), 2015 BibTeX
  64. 谷口彰,呂万鵬,高野敏明,谷口忠大, 環境地図と自己位置推定に基づく移動ロボットの身体地図推定, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’15), 2015 BibTeX
  65. 坂東誉司,竹中一仁,森真貴,谷口忠大,宮島千代美,武田一哉, 大規模運転行動コーパスのための記号化アプローチ, 第17回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014), 2014 BibTeX
  66. 須藤健也,谷口忠大, ホールシステム・アプローチにおけるテーブル分けメカニズムに関する検討, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  67. 川崎亘輝,谷口忠大, ディリクレ過程混合ガウス分布を用いた太陽光発電予測, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  68. 粟納誠也,矢野史朗,谷口忠大, 自律分散スマートグリッドにおける電力消費行動変容を学ぶシリアスゲームの開発, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  69. 矢野史朗,谷口忠大, 自律分散型スマートグリッドi-Reneの費用便益分析, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  70. 牛見光,高野敏明,谷口忠大, 状況に合わせた音列分節化のダイナミクス検討, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  71. 高野敏明,谷口忠大, マルチモーダルカテゴリゼーションに基づく逐次的能動知覚, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  72. 中島諒,谷口忠大, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析器の実音声データへの適用, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  73. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 教師なし形態素解析と場所の情報を用いた語彙獲得, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  74. 長坂翔吾,谷口忠大,坂東誉司,竹中一仁,人見謙太郎, 階層ディリクレ過程隠れセミマルコフモデルとベイズ教師なし形態素解析器の予測拡張による運転文脈変化点の予測, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  75. 坂東誉司,竹中一仁,森真貴,谷口忠大,宮島千代美,武田一哉, 大規模運転行動コーパスに基づく運転行動の記号的予測とドライバ適合, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  76. 劉海龍,谷口忠大,高野敏明,田中雄介,竹中一仁,坂東誉司, 深層学習を用いた運転行動の可視化に関する研究, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  77. 劉海龍,谷口忠大,坂東誉司,竹中一仁,田中雄介, 運転行動時系列情報からの深層学習を用いた特徴抽出, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014, 計測自動制御学会 2014年 システム・情報部門 部門研究奨励賞 BibTeX
  78. 吉野遼,劉海龍,高野敏明,谷口忠大, 深層学習により特徴量抽出を行うマルチモーダルカテゴリゼーション, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014 (SSI2014), 2014 BibTeX
  79. 粟納誠也,矢野史朗,谷口忠大, 自律分散スマートグリッドi-Reneにおける消費者行動変化のためのシリアスゲーム提案, 第20回創発システムシンポジウム, 2014 BibTeX
  80. 吉野遼,劉海龍,高野敏明,谷口忠大, Autoencoderによる特徴抽出とマルチモーダルLDAによる物体概念形成, 第20回創発システムシンポジウム, 2014 BibTeX
  81. 池田光平,高野敏明,谷口忠大, 創造的思考過程の計算論モデル化, 第20回創発システムシンポジウム, 2014 BibTeX
  82. 劉海龍,谷口忠大,坂東誉司,竹中一仁,田中雄介, 深層学習を用いた運転行動からの本質的潜在時系列情報の抽出, 第32回 日本ロボット学会学術講演会, 2014 BibTeX
  83. 中島諒,谷口忠大,長坂翔吾, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析器を用いた母音列からの教師なし語彙獲得, 第32回 日本ロボット学会学術講演会, 2014 BibTeX
  84. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 場所概念と言語モデルの相互推定によるロボットの場所に関する語彙獲得, 第32回 日本ロボット学会学術講演会, 2014 BibTeX
  85. 高野敏明,谷口忠大, 劣モジュラ性に基づくマルチモーダルカテゴリ能動知覚の逐次的意思決定, 第32回 日本ロボット学会学術講演会, 2014 BibTeX
  86. 吉野遼,劉海龍,高野敏明,谷口忠大, マルチモーダルカテゴリゼーションのためのAutoencoderを用いた特徴量抽出の学習, 第32回 日本ロボット学会学術講演会, 2014 BibTeX
  87. 田中雄介,栗原慶典,那和一成,谷口忠大,高野敏明,竹中一仁,坂東誉司, 運転時系列データへの簡便なアノテーション手法の提案, FIT2014 第13回情報科学技術フォーラム, 2014, 査読あり BibTeX
  88. 粟納誠也,矢野史朗,谷口忠大, 次世代電力網i-Rene の理解促進に向けたシリアスゲームの開発, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014 BibTeX
  89. 川崎亘輝,福井善朗,矢野史朗,谷口忠大, 自律分散型電力網の統合時における価格変化の数理的検討, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014 BibTeX
  90. 福井善朗,川崎亘輝,矢野史朗,谷口忠大, 分散型電力網に対するデマンドサイドマネージメントにおけるラグランジュの未定乗数と市場価格の関係, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014 BibTeX
  91. 牛見光,高野敏明,谷口忠大, 状況を伝達する歌の生成モデルの検討, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014 BibTeX
  92. 中島諒,高野敏明,谷口忠大, 無限関係モデルを用いたツイッターにおけるユーザ属性推定, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014 BibTeX
  93. 石川貴将,谷口忠大, 発話権取引を用いたWeb 会議システムの開発, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014 BibTeX
  94. 吉野遼,劉海龍,高野敏明,谷口忠大, Deep Sparse Auto Encoder を⽤いた画像特徴抽出に基づくカテゴリ形成に関する研究 , 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014 BibTeX
  95. 劉海龍,谷口忠大,高野敏明,竹中一仁,坂東誉司,田中祐介, Deep Sparse Autoencoderによる車両運転状態の可視化, 2014年度人工知能学会全国大会, 2014, 人工知能学会第28回全国大会優秀賞 BibTeX
  96. 中村友昭,西原成,長井隆行,船越孝太郎,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, マルチモーダルLDAとベイズ階層言語モデルを用いた物体概念と言語モデルの相互学習, 2014年度人工知能学会全国大会, 2014 BibTeX
  97. 谷口忠大,福田一,高野敏明, マルチモーダルカテゴリ能動知覚のための行動選択法と最適性, 2014年度人工知能学会全国大会, 2014 BibTeX
  98. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 発話文の教師なし形態素解析と位置推定を統合したノンパラメトリックベイズ場所概念獲得, 2014年度人工知能学会全国大会, 2014 BibTeX
  99. 長坂翔吾,谷口忠大, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析器に関する研究, 2014年度人工知能学会全国大会, 2014 BibTeX
  100. 高野敏明,谷口忠大, linearly-solvable MDP のアクションゲームAIへの適用, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  101. 劉海龍,谷口忠大, Deep learning による運動学習とパターン認識, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013, 873-878 BibTeX
  102. 福井善朗,矢野史朗,谷口忠大, 双対分解法を使った自律分散型スマートグリッドに対する最適売買戦略, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  103. 古田真也,福井善朗,矢野 史朗,谷口忠大, L1ノルムを用いた時間帯別電力価格の形成, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  104. 中村仁美,熊谷歩,矢野史朗,谷口忠大, 自律分散型スマートグリッドi-Reneのゲーミフィケーション -ゲーム化された仮想体験環境によるシステム理解の促進-, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  105. 須藤健也,長坂翔吾,古林邦彬,谷口忠大,高野敏明, Twitter上でのコミュニティ構造を用いたツイート推薦システムの検討, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  106. 赤池勇磨,谷口忠大, ビブリオバトルにおける制限時間が及ぼす発話への影響, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  107. 奥健太,赤池勇磨,谷口忠大, ビブリオバトル:人間を介した推薦システムとしての評価, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  108. 中村友昭,船越孝太郎,長井隆行,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, 認識誤りを含む音節列からのロボットによる概念形成と語意獲得, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  109. 福田一,竹下卓哉,谷口忠大, マルチモーダルカテゴリ推定のための能動的行動選択, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  110. 長坂翔吾,谷口忠大,坂東誉司,竹中一仁, ベイズ二重分節解析による自動車運転データ意図変化点の予測評価, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  111. 谷口彰,吉崎陽紀,稲邑哲也,谷口忠大, 不確実な位置情報と音声認識による自己位置と場所概念の同時推定モデル, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 (SSI2013), 2013 BibTeX
  112. 福井善朗,谷口忠大, 双対分解法を使った自律分散型スマートグリッドに対する最適売買戦略の計算, 第19回 創発システムシンポジウム, 2013 BibTeX
  113. 矢野史朗,福井善朗,谷口忠大, 直流自律分散型スマートグリッドi-Reneの資源分配効率に関する確率微分ゲーム理論に基 づく分析, 第19回 創発システムシンポジウム, 2013 BibTeX
  114. 須藤健也,古林邦彬,長坂翔吾,谷口忠大, 潜在ディリクレ配分法を用いた話題推薦システムの検討, 第19回 創発システムシンポジウム, 2013 BibTeX
  115. 劉海龍,谷口忠大, Deep Sparse Autoencoder による人間運動情報からの高次特徴量抽出, 第19回 創発システムシンポジウム, 2013, 26 BibTeX
  116. 谷口彰,吉崎陽紀,稲邑哲也,谷口忠大, 自己位置と場所概念の同時推定に関する研究, 第19回 創発システムシンポジウム, 2013 BibTeX
  117. 矢野史朗,谷口忠大, 再生可能エネルギー型スマートグリッドのための 動学ゲーム理論による分散制御, 電気学会システム研究会, 2013, ST-13-026 BibTeX [LINK1]
  118. 中村友昭,荒木孝弥,長井隆行,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, マルチモーダルLDAと教師なし形態素解析による認識誤りを含む文章からの概念・語意獲得, 2013年度人工知能学会全国大会(JSAI2013), 2013 BibTeX
  119. 矢野史朗,熊谷歩,中村仁美,谷口忠大, 自律分散型スマートグリッドi-Rene体験型シミュレータのゲーミフィケーションに関するユーザーエクスペリエンス評価実験, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013 BibTeX [LINK1]
  120. 矢野史朗,中村仁美,熊谷歩,谷口忠大, 自律分散型スマートグリッドi-Reneの理解促進のためのゲーミフィケーションによる体験型シミュレータ開発, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013 BibTeX [LINK1]
  121. 谷口彰 吉崎陽紀 稲邑哲也 谷口忠大, Sigverseを用いた自己位置と位置概念の同時推定に関する研究, 2013年度人工知能学会全国大会(JSAI2013), 2013 BibTeX [LINK1]
  122. 福田一 竹下卓哉 谷口忠大, マルチモーダルカテゴリ推定のための最適な行動選択, 2013年度人工知能学会全国大会(JSAI2013), 2013 BibTeX [LINK1]
  123. 谷口忠大古林邦彬 長坂翔吾, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析器による時系列データの分節化と生成, 2013年度人工知能学会全国大会(JSAI2013), 2013 BibTeX [LINK1]
  124. 長坂翔吾 谷口忠大 坂東誉司 竹中一仁 人見謙太郎, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析器によるドライバ意図変化点の予測手法, 2013年度人工知能学会全国大会(JSAI2013), 2013 BibTeX [LINK1]
  125. 奥健太,赤池勇磨,谷口忠大, ビブリオバトル:推薦システムとしての評価, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013 BibTeX [LINK1]
  126. 谷口彰,吉崎陽紀,谷口忠大, 不確実な音声認識を前提とした自己位置と語彙の同時推定モデル, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013 BibTeX [LINK1]
  127. 劉海龍,谷口忠大, ガウス過程状態空間モデルを用いた人間ロボット間インタラクションの構成, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013, CD:111-2 BibTeX [LINK1]
  128. 須藤健也,古林邦彬,長坂翔吾,谷口忠大, 潜在ディリクレ配分法を用いた話題伝播ボットの開発, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013 BibTeX [LINK1]
  129. 谷口忠大,赤池勇磨, ビブリオバトルにおける発表制限時間のデザイン, 第40回知能システムシンポジウム, 2013 BibTeX
  130. 熊谷歩,中村仁美,矢野史朗,谷口忠大, ゲーミフィケーションに基づく自律分散型スマートグリッドの体験型シミュレータ開発, 第25回自律分散システム・シンポジウム, 2013 BibTeX [LINK1]
  131. 矢野史朗,谷口忠大, 地産地消型スマートグリッド自律分散制御のためのFeedback-Nash均衡解導出, 第25回自律分散システム・シンポジウム, 2013 BibTeX [LINK1]
  132. 谷口忠大,白井亨, ベイズ自動作曲における歌詞割り当てブロック化ギブスサンプラー, 電気学会システム研究会資料,ST-12,11-20, 2012, 19-23 BibTeX [LINK1]
  133. 荒木孝弥,中村友昭, 長井隆行,長坂翔吾, 谷口忠大,岩橋直人, ロボットによるマルチモーダル物体概念を用いた物体特徴を表現する単語の獲得, 第13回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会, 2012 BibTeX
  134. 中村友昭,荒木孝弥,長井隆行,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, 物体概念を手がかりとし た教師なし形態素解析の誤り訂正, 第13回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会, 2012 BibTeX
  135. 古林邦彬,谷口忠大, 手書き文字生成のためのHDP-HMMによるTrajectory HMMのモデル選択, 第13回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会, 2012 BibTeX
  136. 福田一,谷口忠大, 無限関係モデルを用いた物体と特徴のマルチモーダルカテゴリ形成, 第13回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会, 2012 BibTeX
  137. 篠原佑基,竹中一仁,坂東誉司,長坂翔吾,谷口忠大, 動画要約のための運転行動のもつ意味的構造の抽出, 自動車技術会秋季学術講演会, 2012 BibTeX
  138. 長坂翔吾,谷口忠大,山下元気,坂東誉司,人見謙太郎, 運転時系列のベイズ二重分節解析によるドライバ意図抽出, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会, 2012 BibTeX
  139. 赤池勇磨,谷口忠大, ビブリオバトルにおける発話時間制約がコミュニケーション場に与える影響の分析, 第55回 自動制御連合講演会, 2012 BibTeX
  140. 熊谷歩,中村仁美,矢野史朗,谷口忠大, ゲーミフィケーションによる自律分散型スマートグリッドの普及支援- ゲーミフィケーションに基づく電力融通ソーシャルゲームの開発, 第18回創発システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  141. 谷衛,矢野史朗,谷口忠大, 自律分散型スマートグリッドにおける需要家参入の損益分岐点分析, 第18回創発システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  142. 荒木孝弥,中村友昭,長井隆行,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, マルチモーダル概念形成と教師なし形態素解析に基づく語意のオンライ ン学習, 第18回創発システムシンポジウム, 2012, ベストポスター賞 BibTeX
  143. 福田一,谷口忠大, 無限関係モデルを用いたマルチモーダル情報統合と物体クラスタリング, 第18回創発システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  144. 長坂翔吾,谷口忠大,坂東誉司,人見謙太郎,ナイワラ・P・チャンドラシリ, ボトムアップな隠れ単語列の推定による隠れ状態系列予測手法, 第18回創発システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  145. 赤池勇磨,谷口忠大, ビブリオバトルにおける制限時間の影響についての発話分析, 第18回創発システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  146. 古林邦彬,谷口忠大, ノンパラメトリックベイズによるTrajectory HMM の自動選択と手書 き文字生成, 第18回 創発システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  147. 中村友昭,荒木孝弥,長井隆行,谷口忠大,岩橋直人, 統計モデルによる基礎レベルカテゴリの学習と語意獲得, 赤ちゃん学会学術講演会ポスター発表, 2012, P-53 BibTeX
  148. 荒木孝弥,中村友昭,長井隆行,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, マルチモーダルLDAと階層ベイズ言語モデルに基づく 物体概念・語意のオンライン学習, 第30回日本ロボット学会学術講演会, 2012 BibTeX
  149. 中村友昭,荒木孝弥,長井隆行,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, 教師なし形態素解析による 物体概念を手がかりとした単語切り出しの高精度化, 第30回日本ロボット学会学術講演会, 2012 BibTeX
  150. 長坂翔吾,谷口忠大,坂東誉司,人見謙太郎,ナイワラ・P・チャンドラシリ, ノンパラメトリックベイズ二重分節解析による状態系列予測, 第30回日本ロボット学会学術講演会, 2012 BibTeX
  151. 谷口忠大, コミュニケーション場のメカニズムデザイン - 自律性 を活かす記号過程のための制度設計 -, 第39回 知能システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  152. 古賀裕之,谷口忠大, 情報の非競合性に着目した発話権取引市場の分析, 第39回 知能システムシンポジウム, 2012 BibTeX [LINK1]
  153. 篠田礼奈,谷口忠大, 拡張現実ペットの多面性と飽きを利用したコミュニケーション支援システム, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会(SSI2011), 2011, 3D2-1 BibTeX [LINK1]
  154. 古賀裕之,谷口忠大, 会議の場におけるコミュニケーション支援のためのメカニズムデザインとしての発話権取引, 第17回創発システムシンポジウム, 2011, 79-82 BibTeX
  155. 長坂翔吾,谷口忠大, Nested Pitman-Yor 言語モデルを用いた二重分節構造に基づく動作分節化手法の提案, 第17回創発システムシンポジウム, 2011, 87-90 BibTeX
  156. 谷口忠大,宮崎洸,谷川潤, 自律分散型スマートグリッドの数理モデルと動態分析 ~人を系に含んだ地産地消型知的電力網 i-Rene~, 第17回創発システムシンポジウム, 2011, 111-114 BibTeX
  157. 白井享 谷口忠大, 階層Pitman-Yor 言語モデルを用いた メロディー生成手法の提案, 情報処理学会研究報告 IPSJ SIG Technical ReportVol.2011-MUS-91 No.3, 2011, 2011/01/06 BibTeX [LINK1]
  158. 廣瀬達也,谷口忠大, 高次元姿勢情報と視覚情報からのマルチモーダル低次元表現の抽出, 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム FAN 2011, 2011, 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム FAN2011 優秀論文賞 BibTeX [LINK1]
  159. 谷衛,谷川潤,谷口忠大, 変動消費モデルを用いた自律分散型スマートグリッドの動態分析, 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム FAN 2011, 2011 BibTeX [LINK1]
  160. 谷衛,宮崎洸,谷口忠大, 自律分散型スマートグリッドにおける適応的電力取引モデルと価格形成分析, 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム FAN 2011, 2011 BibTeX [LINK1]
  161. 山下純平,谷口忠大, ディリクレ過程混合モデルを用いた移動ロボットの概念形成, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回)JSAI2011, 2011, 2B2-OS22a-5 BibTeX [LINK1]
  162. 白井亨,谷口忠大, 階層Pitman-Yor言語モデルを用いた自動作曲手法の提案, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回)JSAI2011, 2011, 3B1-OS22c-10 BibTeX [LINK1]
  163. 谷口忠大,岩橋直人,新田恒雄,岡田浩之,長井隆行, 記号創発ロボティクスとマルチモーダルセマンティックインタラクション, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回)JSAI2011, 2011, 2B2-OS22a-1 BibTeX [LINK1]
  164. 長坂翔吾,谷口忠大, 階層 Pitman-Yor 言語モデルを用いた動作解析, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回)JSAI2011, 2011, 3B1-OS22c-8 BibTeX [LINK1]
  165. 古賀裕之,谷口忠大, 発話権取引:意思決定の場におけるコミュニケーション支援のためのメカニズムデザイン, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回)JSAI2011, 2011, 3A1-OS11a-7 BibTeX [LINK1]
  166. 山本有華里,谷口忠大, 足底圧情報からの歩行判別手法についての研究, 第38回 知能システムシンポジウム資料, 2011, pp.283–288 BibTeX [LINK1]
  167. 谷口忠大,高橋佑輔, モビリティマネジメントと都市構造変化についてのマルチエージェントシミュレーション, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 SSI2010, 2010 BibTeX [LINK1]
  168. 谷口忠大,濱畑慶太, 階層ディリクレ過程隠れマルコフモデルを用いた非分節動作模倣学習手法, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 SSI2010, 2010 BibTeX [LINK1]
  169. 須藤秀紹,谷口忠大, 書評を通じたメディア・ビオトープの形成, 日本シミュレーション&ゲーミング学会2010年度秋季大会, 2010 BibTeX [LINK1]
  170. 谷口忠大,太田敬太, カーネル正準相関分析による視覚姿勢情報統合に関する構成論的研究, 第26回ファジィシステムシンポジウム, 2010 BibTeX [LINK1]
  171. 白井亨,谷口忠大, ギブスサンプリングを用いたインタラクティブ作曲システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム2010, 2010 BibTeX [LINK1]
  172. 古賀裕之,谷口忠大, 潜在トピックに着目したTwitter上のユーザ推薦システムの構築, ヒューマンインタフェースシンポジウム2010, 2010 BibTeX [LINK1]
  173. 高橋佑輔,谷口忠大, 交通行動と居住地選択行動の相互依存性についてのマルチエージェントシミュレーション, 第16回 創発システム・シンポジウム, 2010, pp. 48-49 BibTeX [LINK1]
  174. 白井亨,谷口忠大, ギブスサンプリングを用いたインタラクティブ作曲システムの提案, 第16回 創発システム・シンポジウム, 2010, pp. 46-47 BibTeX [LINK1]
  175. 谷口忠大, 書評の相互作用が生み出す語りのメディア:ビブリオバトル, 日本シミュレーション&ゲーミング学会 2010年度 春季全国大会, 2010, 110-113 BibTeX [LINK1]
  176. 白井亨,谷口忠大,西川郁子, グルーピング構造に着目した確率的メロディー生成手法の提案, 第24回人工知能学会全国大会, 2010, 1G1-1 BibTeX [LINK1]
  177. 濱畑慶太,谷口忠大,岩橋直人,西川郁子, ディリクレ過程と相互情報量による非分節対象物操作からの 動作抽出, 第24回人工知能学会全国大会, 2010, 1J1-OS13 BibTeX [LINK1]
  178. 谷口忠大,山田章博,大島祥子, ソフトシステムズ方法論に基づいた市民参加の為の場の構築 ~自転車都市・京都への対話空間の取り組み~, 第37回 知能システムシンポジウム, 2010, pp. 287-292 BibTeX [LINK1]
  179. 榊原一紀,前田忠之,谷口忠大,西川郁子, 太陽光発電の分散型電力ネットワークにおける電力融通最適化, 第22回自律分散システム・シンポジウム, 2010, 137-142 BibTeX [LINK1]
  180. 谷口忠大,榊原一紀,西川郁子, 自律分散型スマートグリッド上の電力取引に対する自然方策勾配法によるマルチエージェント強化学習の有効性検証, 第22回自律分散システム・シンポジウム, 2010 BibTeX [LINK1]
  181. 谷口忠大,村井稔也,榊原一紀,西川郁子, 自転車利用者の都市構造依存性に関するマルチエージェントシミュレーションによる検討, 第53回システム制御情報学会研究発表講演会, 2009 BibTeX [LINK1]
  182. 中西弘門,谷口忠大,岩橋直人,西川郁子, 役割反転に基づく連続的相互作用からの応答戦略獲得, 第53回システム制御情報学会研究発表講演会, 2009 BibTeX [LINK1]
  183. 谷口忠大,大仲浩司,榊原一紀,西川郁子, 地産地消型電力ネットワークへの適応的取引エージェントの導入 〜知能化エネルギー社会と不便益〜, 第36回知能システムシンポジウム, 2009, pp.365-370 , BibTeX [LINK1]
  184. 谷口忠大,岩橋直人,中西弘門,西川郁子, 役割反転模倣に基づく実時間相互作用からの応答戦略獲得, 第36回知能システムシンポジウム, 2009, pp.127-132. BibTeX [LINK1]
  185. 榊原一紀,前田忠之,谷口忠大,西川郁子, 太陽光発電による分散型電力ネットワーク構築のための静的最適化モデルに基づく挙動解析, 第52回自動制御連合講演会 , 2009, A3-4 BibTeX [LINK1]
  186. 西川德宏,谷口忠大,川上浩司,片井修, 観察模倣に基づく内部報酬形成と自然方策勾配法による行動獲得, 電気学会 平成21年 電子・情報・システム部門大会, 2009, in CD-ROM BibTeX
  187. 谷口忠大,川上浩司,片井修, ビブリオバトル:書評で繋がりを生成するインタフェースの構築, ヒューマンインタフェースシンポジウム2009, 2009, in CD-ROM BibTeX [LINK1]
  188. 谷口忠大,高木圭太,榊原一紀,西川郁子, 地産地消型電力ネットワークの為のNatural Actor-Criticを用いた自動取引エージェントの構築, 第25回ファジィシステムシンポジウム, 2009, 日本知能情報ファジィ学会20周年記念企画査読あり論文セッション優秀論文発表賞 BibTeX [LINK1]
  189. 谷口忠大,岩橋直人, 複数予測モデル遷移のN-gram統計に基づく非分節運動系列からの模倣学習手法, 第25回ファジィシステムシンポジウム, 2009, 日本知能情報ファジィ学会20周年記念企画査読あり論文セッション優秀論文発表賞 BibTeX [LINK1]
  190. 谷口忠大,岩橋直人,中西弘門,西川郁子, ヒューマン・ロボットインタラクションを通した役割反転模倣に基づく実時間応答戦略獲得, 第23回人工知能学会全国大会, 2009 BibTeX [LINK1]
  191. 谷口忠大,岩橋直人, 動作低次元性とN-gram統計を用いた複数予測モデルに基づく模倣学習, 第21回自律分散システムシンポジウム, 2009, pp.1-6 BibTeX [LINK1]
  192. 田渕一真,谷口忠大,堀口由貴男,中西弘明,椹木哲夫,, 緩やかに結合された組織内の制約形成に基づくマルチエージェント強化学習, 第20 回 自律分散システムシンポジウム,, 2008, pp.23-28. BibTeX [LINK1]
  193. 田渕一真,谷口忠大,堀口由貴男,中西弘明,椹木哲夫,, マルチエージェント強化学習における報酬分割による分業形成機構, 第35 回知能システムシンポジウム,, 2008, pp. 37–42. BibTeX [LINK1]
  194. 椹木哲夫,谷口忠大,中西弘明,堀口由貴男,田中勇作,服部裕史,, 社会的コミュニケーションモデルに基づく移動体インタフェースの設計論 〜多モード自動化機械使用時の人間の認識過程の構成論的モデル〜, 第3回移動知シンポジウム, 2008, pp117-120 BibTeX
  195. 濱畑慶太,谷口忠大,榊原一紀,西川郁子,田渕一真,椹木哲夫, 強化学習における内部報酬生成としての模倣学習の検討, 第14回創発システムシンポジウム「創発夏の学校2008」, 2008, pp.107-110 BibTeX
  196. 谷口忠大,岩橋直人, 連続的相互作用に埋め込まれた特徴的動作系列の発見的模倣学習手法, 第22回人工知能学会全国大会, 2008, in CD-ROM BibTeX [LINK1]
  197. 服部裕史,谷口忠大,椹木哲夫, ハイブリッドダイナミカルシステムによるモード誤認識の事前分析, 第52回システム制御情報学会研究発表講演会,, 2008 BibTeX [LINK1]
  198. 谷口忠大,服部裕史,椹木哲夫,川上浩司,片井修, 自動化機械のユーザ支援に対する不便益分析 〜計算論的ユーザ適応モデルに基づくアプローチ〜, 第35 回知能システムシンポジウム’,, 2008, pp. 258-263 BibTeX [LINK1]
  199. 谷口忠大,椹木哲夫, 複数内部モデルの組織化に基づく社会適応, 第20 回 自律分散システムシンポジウム,, 2008, pp. 167-172 BibTeX [LINK1]
  200. 田中勇作,谷口忠大,堀口由貴男,中西弘明,椹木哲夫, 自動化機械に対するユーザの複数内部モデル構成過程, 第19回自律分散システム・シンポジウム資料,, 2007, pp.97–102, BibTeX [LINK1]
  201. 田中勇作,谷口忠大,堀口由貴男,中西弘明,椹木哲夫, 多モード自動化機械に対するユーザの複数内部モデルの動的構成過程に関する研究, 第34回知能システムシンポジウム資料,, 2007, pp.307–312, BibTeX
  202. 谷口忠大,田中勇作,堀口由貴男,椹木哲夫, 運転時のモード遷移事象を含む複数内部モデルの獲得過程, ヒューマンインタフェースシンポジウム2007,, 2007, in CD-ROM BibTeX [LINK1]
  203. 谷口忠大,椹木哲夫, シェマモデルに基づく複数非線形内部モデルの獲得と評価, 第23回ファジィシステムシンポジウム,, 2007, in CD-ROM. BibTeX [LINK1]
  204. 谷口忠大,小川賢治,田中勇作,椹木哲夫, 人間機械系における記号創発 〜記号過程の構成論的理解に向けて〜, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2007,, 2007, pp. 199-204 BibTeX [LINK1]
  205. 谷口忠大, 構成論的方法の科学哲学的基盤形成に向けて, 第40回日本科学哲学会全国大会., 2007, pp.13 BibTeX [LINK1]
  206. 嶋本正範,谷口忠大,大矢智子,塩瀬隆之,川上浩司,片井修, N人囚人のジレンマ実験ゲームにおける局所的コミュニケショーンが意思決定に及ぼす影響, 第23回ファジィシステムシンポジウム,, 2007, in CD-ROM. BibTeX [LINK1]
  207. 小川賢治,谷口忠大,椹木哲夫, 組織協調に向けた多様環境下での状況弁別型強化学習の提案, 第18回自律分散システム・シンポジウム講演資料,, 2006, pp. 27-32 BibTeX
  208. 小川賢治,谷口忠大,椹木哲夫, 協調作業環境下における他者の行動意図理解のための状況弁別型強化学習, 第33回知能システムシンポジウム講演資料,, 2006, pp.157-162 BibTeX
  209. 荒津亘,椹木哲夫,堀口由貴男,谷口忠大, 非線形ダイナミクスを用いたハイブリッドシステムによる人間・機械協調系設計, 知能システムシンポジウム講演資料,, 2006, pp.81-86 BibTeX
  210. 田渕一真,谷口忠大,椹木哲夫, 観察模倣と自律強化の融合による学習機構に関する研究, 第50回システム制御情報学会研究発表講演会,, 2006, pp.29-30 BibTeX
  211. 谷口忠大,小川賢治,椹木哲夫, 動的目標変化を含む協調タスクに対する状況弁別型強化学習機構の適用, 第50回システム制御情報学会研究発表講演会,, 2006, 2007年システム制御情報学会学会賞「奨励賞」+「砂原賞」受賞 BibTeX [LINK1]
  212. 谷口忠大,椹木哲夫, シェマモデルとSTDP則の結合による記号過程の創発, 第20回人工知能学会全国大会,, 2006, in CD-ROM, BibTeX [LINK1]
  213. 田渕一真,谷口忠大,椹木哲夫, 模倣学習と強化学習の調和による効率的行動獲得, 第20回日本人工知能学会全国大会,, 2006, in CD-ROM BibTeX [LINK1]
  214. 谷口忠大,椹木哲夫, シェマモデルとSTDP則の結合による記号過程の創発, 第12回創発システムシンポジウム, 2006 BibTeX [LINK1]
  215. 谷口忠大,椹木哲夫,小川賢治, 状況弁別型強化学習機構に基づく 自己閉鎖的な他者意図推定の実現, 第49回自動制御連合講演会,, 2006, in CD-ROM, BibTeX [LINK1]
  216. 林寿和,椹木哲夫,谷口忠大, 需要と供給の共創場ダイナミクスに基づく消費購買行動の構成論的解析, 第32回知能システムシンポジウム資料 ,, 2005, pp.127–132. BibTeX [LINK1]
  217. 小川賢治,谷口忠大,椹木哲夫, 複数のQ-tableを用いた多様環境下での状況弁別型強化学習, 第21回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,, 2005, pp.724–727. BibTeX
  218. 谷口忠大,椹木哲夫, シェマ分化に基づいた非線形予測モジュール群の累増的獲得手法, 日本神経回路学会第15回全国大会(JNNS2005), 2005, pp.194–195 , BibTeX [LINK1]
  219. 谷口忠大,椹木哲夫, 報酬設計による社会的相互作用に基づいた多様行為概念の自律的獲得, 第15回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2005),, 2005, pp.365–370 ,, FAN2005ベストプレゼンテーション賞受賞 ,2005年度計測自動制御学会学術奨励賞 BibTeX [LINK1]
  220. 谷口忠大,椹木哲夫, 相互作用からの意味生成:自閉的カテゴリー生成と行為分化の共時性, SICE自律分散システム講演会 2004,, 2004 BibTeX [LINK1]
  221. 谷口忠大,椹木哲夫, 自律ロボットの動的環境との相互作用を通じた主観的記号生成, 日本人工知能学会2004年全国大会, 2004, CD-ROM, BibTeX [LINK1]
  222. 谷口忠大,椹木哲夫, 身体的相互作用知に基づいた記号的相互作用についての考察, 人工知能学会若手の集いMYCOM2004,, 2004, Web Proceedings, BibTeX [LINK1]
  223. 谷口忠大,椹木哲夫, 顔ロボットの移動物追跡のための運動記憶の動的構成による環境適応, 計測自動制御学会システム・情報部門講演会(SSI2004),, 2004, pp.185–190 , BibTeX [LINK1]
  224. 谷口忠大,椹木哲夫, 記憶シェマの動的構築による運動観察からの ファジィ概念獲得, Fuzzy System Symposium 2003,, 2003, pp. 611–614 BibTeX [LINK1]
  225. 谷口忠大,岡田敬信,椹木哲夫, 協同作業場における言語創発のダイナミクス, Human Interface Symposium 2003,, 2003, pp. 749–752 BibTeX [LINK1]
  226. 谷口忠大,椹木哲夫, 人間とロボットのコミュニケーションにおける 記号行為と関係性構築のダイナミクス, Human Interface Smposium 2002,, 2002, pp.785–788 BibTeX [LINK1]

Book

  1. 谷口忠大, 그림과 수식으로 배우는 통통 인공지능, 2017 9, 人工知能概論韓国語版 BibTeX [LINK1]
  2. 川上 浩司, 不便益: 手間をかけるシステムのデザイン, 2017 11, 共著 BibTeX [LINK1]
  3. 木野 仁 (著), 谷口 忠大 (監修), イラストで学ぶ ロボット工学 (KS情報科学専門書) , 2017 11, 監修 BibTeX [LINK1]
  4. 岡部晋典, トップランナーの図書館活用術 才能を引き出した情報空間 , 2017 8, 2章インタビュー BibTeX [LINK1]
  5. 読みたい心に火をつけろ!実行委員会編, 学校司書のいる図書館に,いま,期待すること, 2017 10, 登壇者 BibTeX [LINK1]
  6. 谷口忠大,長井隆行,中村友昭, 二重分節解析とマルチモーダルカテゴリ形成による相互分節化仮説の構成論, 計測と制御 53(9), 815-820, 2014 , 解説記事 BibTeX
  7. 谷口忠大, イラストで学ぶ人工知能概論, 講談社, 2014 9, 単著 BibTeX [LINK1]
  8. 谷口忠大, 記号創発ロボティクス ―知能のメカニズム入門, 講談社, 2014 6, 単著:入試問題採用 H27 千葉大(文系),H27 青山学院大学(文系),H28 北星学園大学 BibTeX [LINK1]
  9. 谷口忠大,椹木哲夫,堀口由貴男, “他者理解の記号過程と自動化に求められる社会知”, 計測と制御 Vol. 46, N0. 12 pp. 945-950, 2007 12, 解説記事 BibTeX
  10. 杉澤仁,福田一,森浩禎,谷口忠大,伊藤将弘,遠里由佳子, 無限関係モデルを用いた大腸菌の表現形マイクロアレイ解析, 立命館大学 理工学研究所紀要 71号 pp.49-58, 2013 3, 査読なし紀要論文 BibTeX
  11. 谷口忠大, 記号創発問題 : 記号創発ロボティクスによる記号接地問題の本質的解決に向けて, 人工知能学会誌 31(1), pp. 74-81, 2016 1, (認知科学と記号創発ロボティクス: 実世界情報に基づく知覚的シンボルシステムの構成論的理解に向けて) 解説記事 BibTeX
  12. 谷口忠大(監修), やるぜ! ビブリオバトル (コミュニケーションナビ 話す・聞く) , 鈴木出版, 2016 1, 監修書籍 BibTeX [LINK1]
  13. 谷口忠大 (マンガ原案, 監修), 沢音千尋 (マンガ),粕谷亮美 (著), マンガでわかる ビブリオバトルに挑戦! , さ・え・ら書房, 2016 3, 監修書籍 BibTeX [LINK1]
  14. 蓮行, 谷口, 忠大, 安全演劇ワークショップの社会実装に関する議論, Communication-Design. 9 P.85-P.99, 2013 8, 査読なし紀要論文 BibTeX [LINK1]
  15. ビブリオバトル普及委員会, ビブリオバトル入門 – 本を通して人を知る・人を通して本を知る, 情報科学技術協会, 2013 620, 監修 BibTeX [LINK1]
  16. 谷口忠大, ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム, 文藝春秋, 2013 4, 単著:入試問題採用 H27 滋賀県草津東高等学校,H28 長野県短期大学 BibTeX [LINK1]
  17. 谷口忠大, 二重分節構造に基づく教師なし学習と記号創発 ~時系列情報の分節化による記号創発ロボティクスへのアプローチ~, 人工知能学会誌, Vol.27(6), pp.569-579, 2012 11, 解説記事 BibTeX
  18. 坂東誉司,谷口忠大,長坂翔吾,人見謙太郎,Naiwala Pathirannehelage Chandrasiri, Semiotic Prediction of Driving Behavior using Unsupervised Double Articulation Analyzer, デンソーテクニカルレビューVol. 17, 2012 12, 解説記事 BibTeX [LINK1]
  19. 柏木 孝夫 ほか, スマートエネルギーネットワーク最前線~新エネルギー促進,制御技術からシステム構築,企業戦略,自治体実証試験まで~, 電力ルータの開発と最適電力配分, 2012 4, 第1編 第2章 1.3節「電力ルータの開発と最適電力配分」(P132-142)を担当執筆 BibTeX
  20. 谷口忠大,須藤秀紹, コミュニケーションのメカニズムデザイン : ビブリオバトルと発話権取引を事例として , システム制御情報学会誌 55(8)339-344, 2011 8, 解説記事 BibTeX [LINK1]
  21. 谷口忠大, ビブリオバトル-書評を媒介したコミュニケーション場の広がり-, 図書館雑誌 V0l. 105, No. 11, pp. 753–755, 2011 11, 解説記事 BibTeX [LINK1]
  22. 谷口忠大, 記号創発の意味がわからなくて困っています.(アイ・サイ問答教室), システム/制御/情報,Vol. 54, No. 5, pp. 214-215, 2010 , 記事 BibTeX [LINK1]
  23. 谷口忠大, コミュニケーションするロボットは創れるか ~記号創発システムへの構成論的アプローチ~, NTT出版, 2010 3, 単著 BibTeX [LINK1]
  24. Tadahiro Taniguchi, Kenji Ogawa, and Testuo Sawaragi, Implicit Estimation of Another’s Intention Based on Modular Reinforcement Learning, Machine Learning, pp.381-400, published by In-Teh, ISBN 978-3-902613-56-1, 2009 2, Book chapter BibTeX [LINK1]
  25. 谷口忠大, 人間共存環境下における自律ロボットの 知識獲得過程に関する研究,, 京都大学工学研究科精密工学専攻修士論文, 2003 3, 修士論文 BibTeX [LINK1]
  26. 谷口忠大, 環境との相互作用に基づく自律適応系の構成論的研究,, 京都大学工学研究科精密工学専攻学位論文, 2006 3, 学位論文 BibTeX [LINK1]

Invited talks

  1. Tadahiro Taniguchi, Unsupervised Language Acquisition by Robots with Hierarchical Bayesian Models, 2018, Invited talk at SBDM2018 Satellite-Workshop on interfaces between Robotics, Artificial Intelligence and Neuroscience BibTeX
  2. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスが目指す自律適応型AIアーキテクチャ, 2018, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)(JSAI2018), Invited Talk, OS-6 ⾃律・創発・汎⽤AIアーキテクチャ BibTeX
  3. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in RoboticsTowards Unsupervised Language Acquisition by Robots, 2018, Invited talk at Doing Digital Methods: Interdisciplinary Interventions BibTeX
  4. 谷口忠大, インタラクションを通したロボットの言語獲得, 2018, Lecture at 「情報学展望」 @京都大学8号館NSホール BibTeX
  5. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics: Towards Architecture for Embodied Developmental General Artificial Intelligence, 2018, Invited talk at AEGAP 2018 Architectures and Evaluation for Generality, Autonomy & Progress in AI 15th July, 2018, STOCKHOLM, SWEDEN 1ST INTERNATIONAL WORKSHOP HELD IN CONJUNCTION WITH IJCAI-ECAI 2018, AAMAS 2018 AND ICML 2018 BibTeX
  6. 谷口忠大, 組込み技術者のための機械学習とディープラーニング, 2018, 組み込み適塾 BibTeX
  7. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスに基づく認知アーキテクチャの創造に向けて, 2018, 玉川大学, 招待講演 BibTeX
  8. Tadahiro Taniguchi, Constructive Approach towards Symbol Emergence Systems with Cognitive Robotics and Machine Learning, 2018, ALIFE, Invited talk at EVOSLACE (Workshop on the emergence and evolution of social learning, communication, language and culture in natural and artificial agents in ALIFE 2018) BibTeX
  9. 谷口忠大, 実環境に適応する統合的認知機能の形成に向けて~記号創発ロボティクス~, 2018, 第41回日本神経科学大会, 産学連携シンポジウム『人工知能と脳科学の共進化が創る未来』 BibTeX
  10. 谷口忠大, ビブリオバトルを楽しもう!「人を通して本を知る,本を通して人を知る」, 2018, 株式会社ビバ, ビブリオバトル全国行脚 in 草津市立市民交流プラザ(滋賀) BibTeX
  11. 谷口忠大, 次世代人工知能 人工知能・ロボティクスと記号学の学際融合拠点形成, 2018, JST他, イノベーションジャパン 2018 大学組織展示プレゼンテーション BibTeX
  12. 谷口忠大, 未来社会における人間と機械の実世界コミュニケーションの実現に向けて, 2018, SICE 2018 未来創造イベント  特別ワークショップ 『SICEの輪で未来を創れ!』 BibTeX
  13. 谷口忠大, ロボティクスと確率モデルに基づく汎用人工知能に向けて ~記号創発ロボティクスのアプローチ~, 2018, 第36回 日本ロボット学会 学術講演会, OS19: 確率ロボティクスとデータ工学ロボティクス ~認識・行動学習・記号創発~ 基調講演 BibTeX
  14. Tadahiro Taniguchi, Semantic Segmentation of Driving Behavior Data: Double Articulation Analyzer and its Application, 2017, Invited talk at The 4th Workshop on Naturalistic Driving Data Analytics, IEEE IV2017 BibTeX
  15. 谷口忠大, 「ビブリオバトル」の活用について, 2013, 高槻市教育委員会, 高槻市学校司書研修 BibTeX
  16. 谷口忠大, ビブリオバトル 書評を通じた交流のメカニズム, 2013, 明治大学リバティアカデミー BibTeX
  17. 谷口忠大, ビブリオバトル 自律分散的な知識共有の場作り, 2013, 武蔵村山市立第一中学校 BibTeX
  18. 谷口忠大, 読書力養成ワークショップ「本活」「ビブリオバトルって何?」, 2013, 鉄道芸術祭 BibTeX
  19. 谷口忠大, ビブリオバトルの魅力と楽しみ方 ~本気で恋する5分間~, 2013, 京都産業大学, 書評合戦「ビブリオバトル」-本気で恋する5分間-  BibTeX
  20. 谷口忠大, 本で楽しむコミュニケーション ビブリオバトルの活用, 2013, 京都府私立学校図書館協議会, 夏の研修会,司書部会 BibTeX
  21. 谷口忠大, 知的書評合戦「ビブリオバトル」を楽しもう, 2013, 公益財団法人 文字・活字文化推進機構, 平成25年度 読書と体験の子どもキャンプ BibTeX
  22. 谷口忠大, ビブリオバトル入門 ~開催のコツ教えます~, 2013, 千代田区立千代田図書館 BibTeX
  23. 谷口忠大, 書評合戦(ビブリオバトル)の進め方について, 2013, 東京都, 教員向け言語能力向上研修会(書評合戦) BibTeX
  24. 谷口忠大, コミュニケーションの基盤としてのビブリオバトル, 2014, ビブリオバトル普及委員会, ビブリオバトルシンポジウム2014 BibTeX
  25. 谷口忠大, ビブリオバトルに関する講演ならびにワークショップ, 2014, 岡山県立大学 BibTeX
  26. 谷口忠大, 知的書評合戦ビブリオバトル 講演会&ワークショップ, 2014, 湖南市立甲西図書館 BibTeX
  27. 谷口忠大, ビブリオバトル読書と表現の多様な楽しみ方, 2014, 福岡県立図書館「子ども読書推進事業」 BibTeX
  28. 谷口忠大, ビブリオバトルとは?仲間で本を探すコミュニケーションゲーム, 2014, 平成26年度滋賀県学校図書館実務講習会 BibTeX
  29. 谷口忠大, ビブリオバトルを用いた読書と交流の場作り, 2014, 熊本県読書応援ボランティア養成講座 BibTeX
  30. 谷口忠大, ビブリオバトル「本を知り人を知る書評ゲーム」, 2014, 滋賀県教育委員会 BibTeX
  31. 谷口忠大, ハイタレント研修「情報通信工学」機械学習, 2014, 株式会社デンソー技研センター BibTeX
  32. 谷口忠大, 時系列情報の言語的理解 二重分節解析によるアプローチ ~記号創発の発達モデルの可能性~, 2014, 発達心理学会シンポジウム「発達過程の計算モデルー記号創発アプローチの視点からー」 BibTeX
  33. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスとデータ駆動サービスへの機械学習活用, 2014, パナソニック BibTeX
  34. 谷口忠大, 「記号創発システム論調査研究会 設置にあたって」及び「実世界コラボレーションを実現する 空間・言語統合モデルの階層的知識獲得基盤創成」, 2015, (社)計測自動制御学会 システム・情報部門 記号創発システム論調査研究会, 公開シンポジウム「記号創発システムによる実世界コミュニケーションの理解ヘ向けて」 BibTeX
  35. 谷口忠大, ビブリオバトル 自律分散的な知識共有の場作り, 2015, ヤオキン商事 BibTeX
  36. 谷口忠大, ビブリオバトル研修, 2015, 江戸川区立松江第四中学校 BibTeX
  37. 谷口忠大, ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム, 2015, 埼玉県高等学校図書館研究会夏季研究集会 BibTeX
  38. 谷口忠大, 国語「親子で体験!ビブリオバトル」, 2015, 千代田区読書振興センター, 「千代田図書館で学ぼう!夏のわくわく課外授業2015」 BibTeX
  39. 谷口忠大, ビブリオバトル考案者に訊く ビブリオバトルの楽しみ方, 2015, 竹の塚地域学習センター・竹の塚図書館, サマーブックフェスタ BibTeX
  40. 谷口忠大, ビブリオバトル スタートアップ講座, 2015, 立川オリオン書房 BibTeX
  41. 谷口忠大, ビブリオバトルで、図書室・図書館を熱くしよう, 2015, 久留米市中央図書館 BibTeX
  42. 谷口忠大, ビブリオバトル 今とこれから, 2015, 西ノ岡中学校, 向日市教育委員会指定 研究発表会 BibTeX
  43. 谷口忠大, やってみよう!ビブリオバトル, 2015, 長浜市立図書館 BibTeX
  44. Tadahiro Taniguchi, Symbol emergence in robotics: constructive approach towards human cognitive and semiotic systems, 2015, A Symposium for Technology and Humanity BibTeX
  45. 谷口忠大, 書評合戦(ビブリオバトル)の進め方について, 2013, 東京都庁 教員向け言語能力向上研修会(書評合戦) BibTeX
  46. 谷口忠大, 楽しもう!ビブリオバトル!, 2013, 京都市中央図書館 中学生ビブリオバトル BibTeX
  47. 谷口忠大, ノンパラメトリックベイズ教師なし学習による言語獲得に向けて~記号創発ロボティクスのアプローチ~, 2013, 犬山比較社会認知シンポジウム BibTeX
  48. 谷口忠大, 記号創発ロボティクス コミュニケーションに至る機械学習, 2012, HCS2012年8月研究会・招待講演 BibTeX
  49. 谷口忠大, 「見えざる手」は会議時間を救えるか?発話権取引によるコミュニケーション場のメカニズムデザイン, 2012, 計測自動制御学会「先端融合システムズアプローチ創出委員会」第2回不便益システム研究会 BibTeX
  50. 谷口忠大, ビブリオバトル-書評を介したコミュニケーションの場づくり-, 2012, 図書館教育部研修会@向日市西ノ岡中学 招待講演 BibTeX
  51. 谷口忠大, Double articulation analyzer: Imitation learning from unsegmented human motion , 2012, Invited talk, DUT-RU Joint Workshop on Information Science and Engineering , Dalian University of Technology, Dalian, China BibTeX
  52. 谷口忠大, トークカフェ1「ロボットのいる暮らし?」, 2012, ロボティクス演劇祭 BibTeX
  53. 谷口忠大, ビブリオバトルで読書を楽しく, 2012, 高知大学人文学部主催 教育力向上セミナー 「大学における読書教育を考える」 BibTeX
  54. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスの狙い, 2012, 日本赤ちゃん学会 第12回学術集会 RT-2 「記号を用いたコミュニケーションを実現するために何が必要か?創発ロボティクスの視点から ―」 BibTeX
  55. 谷口忠大, 電力問題へのさまざまなアプローチ「人工知能的アプローチ」, 2012, 電子情報通信学会2012年総合大会 パネルディスカッション BibTeX
  56. 谷口忠大, コミュニケーションのメカニズムデザイン~ビブリオバトルによる人と書籍の記号過程, 2011, 招待講演, 計測自動制御学会(SICE)北陸支部 講演会 BibTeX
  57. 谷口忠大, 書評を媒介としたコミュニケーションの場づくり: ビブリオバトル, 2011, 招待講演,  町家で京都の図書館を考えるサミット with カーリル BibTeX
  58. 谷口忠大, 自律分散型電力ネットワークにおける強化学習に基づく電力売買学習法, 2010, 於:会場:科学技術振興機構 JSTホール(東京・市ヶ谷), 立命館大学 新技術説明会@JST新技術説明会 BibTeX
  59. 谷口忠大, 2004, Hertfordshire Univ. Adaptive Systems Research Group EAL seminor 発表 BibTeX
  60. 谷口忠大, 非分節連続動作からの模倣学習と応答戦略学習 ~相互作用からのサイン創発の構成論に向けて~, 2010, 招待講演,社会的知能発生学研究会第29回研究会, 於:コスモスクエア国際交流センター BibTeX
  61. 谷口忠大, 2003, SCIバイオ・セミオーシス研究交流会 BibTeX
  62. 谷口忠大, 2003, 社会的知能発生学研究会 招待講演 BibTeX
  63. 谷口忠大, Self-Organization of Concepts in Autonomous Robots: Differentiation in their Subjective Worlds, 2005, TUM-KY(日本におけるドイツ年,研究交流) BibTeX
  64. 谷口忠大, 博士のススメ, 2006, 京機会学生団体SMILE企画講演会 BibTeX
  65. 谷口忠大, 非分節なユーザ行動系列からの模倣学習, 2008, ATR/NICTオープンハウス2008 ポスター発表 BibTeX
  66. Tadahiro Taniguchi, Imitation learning from unsegmented human motion based on semiotic method, 2009, Invited talk, CoTeSys Internal Spring workshop, Technische University Munchen, Germanry BibTeX
  67. 岩橋直人,佐藤健,新田恒雄,麻生英樹,長井隆行,谷口忠大,杉浦孔明, 幼児のように言語と行動を学習するロボット, 2009, NII, NII 平成21年度オープンハウス ポスター発表 BibTeX
  68. 谷口忠大, ノンパラメトリックベイズ理論の応用による適応的知能の構成, 2012, 立命館大学, ライスボールセミナー BibTeX
  69. 谷口忠大, ロボットと言葉の意味と演劇と, 2012, 講演,「ロボット共生社会実現に向けたロボットの知能発達」に関する先導的研究開発委員会 BibTeX
  70. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスによるボトムアップな知能理解, 2011, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門, 招待講演,「相互作用と賢さ」講演会 BibTeX
  71. 谷口忠大, 記号創発システムへの構成論的アプローチ, 2011, 招待講演,パネルディスカッション「ロボットは友だちになれるか?」,情報メディア学会研究大会 BibTeX
  72. 谷口忠大, 地域電力取引市場と適応エージェントによる自律分散型スマートグリッド, 2010, 経営工学会「予測市場と集合知活用」研究部会, 第5回研究会 BibTeX
  73. 谷口忠大, Imitation learning from unsegmented human motion using word extraction method, 2010, Invited talk, Cooperative Technology in future: Cognitive Technical Systems, 第二回日独ラウンドテーブル BibTeX
  74. 谷口忠大, 非分節動作からの模倣学習と概念形成への構成論的アプローチ, 2009, 特別講演,ハッタツシンカ研,京都大学 BibTeX
  75. 谷口忠大, 知能情報技術による自律分散型の直流スマートグリッドを目指して, 2009, 琵琶湖環境ビジネスメッセ BibTeX
  76. 谷口忠大, 連続的な人間動作からの動作抽出とロボットの動作獲得, 2009, 滋賀県産学官ニーズ・シーズプラザ BibTeX
  77. 谷口忠大, 自律ロボットの発達知能 ~ペットロボットは絶滅危惧種なのか?~, 2008, 京都大学大学院情報学研究科同窓会, 「情報学と産業の未来2008」 BibTeX
  78. 谷口忠大, 大学の研究現場と中小企業診断士とのかかわり, 2008, 中小企業診断協会京都支部, 第243回 経営革新支援研究会 BibTeX
  79. 谷口忠大, ロボット産業の妄想と未来, 2008, 中小企業診断協会大阪支部 , 診断士交流会・二水会 BibTeX
  80. 谷口忠大, チャリンコベースで快適自転車都市 ~自転車は「田の字地区」のみの為ならず・・・~, 2008, 京都市・自転車街角セッション BibTeX
  81. 谷口忠大, Language & Roboitcsのつくる2020年代の研究領域, 2018, (社)計測自動制御学会 システム・情報部門 記号創発システム論調査研究会, 第四回 Language & Robotics 研究会 BibTeX
  82. 谷口忠大, ハイタレント研修「情報通信工学」機械学習, 2016, (株)デンソー技研センター, ハイタレント研修「情報通信工学」内「機械学習」 BibTeX
  83. 谷口忠大, 確率的生成モデルとディープラーニングに基づくAIの家庭環境への実装に向けて, 2017, Panasonic, “AI to REAL” Technology & Innovation Forum BibTeX
  84. 谷口忠大, これからはじめるための機械学習・ディープラーニング入門講座, 2017, サイエンス&テクノロジー, セミナー講師 BibTeX
  85. 谷口忠大, AI・人工知能について ~第三次人工知能ブームとは何か?~, 2017, 木村鋳造所, 木村鋳造所 講演会 BibTeX
  86. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics:from sensorimotor information to language, 2017, Invited talk, Neurobiology and Neuroinformatics 2017 (NBNI2017) BibTeX
  87. 谷口忠大, 情報機構セミナー 「初めての 人工知能( AI )入門」及び「初めての 機械学習・ディープラーニング入門セミナー」, 2017, 情報機構 BibTeX
  88. 谷口忠大, 第三次人工知能ブームとは何か?~技術背景から産業応用可能性まで~, 2017, (株)小野測器社内セミナー BibTeX
  89. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスから⼈⼯知能の社会性に向けて 〜ボトムアップな道徳や規範へのとても遠い道程に思いを馳せる〜, 2017, 招待講演,第4回 Morality mod Scienceセミナー BibTeX
  90. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics:Representation Learning for Real-world Communication and Collaboration, 2017, Keynotes speech, International Field Robotics Forum 2017, Seoul, Korea BibTeX
  91. 谷口忠大, 「人工知能」とは何か? ~第三次ブームの技術背景~, 2017, 西村あさひ法律事務所, データ・AIビジネスを巡る競争政策と産業政策のあり方についての研究会 BibTeX
  92. 谷口忠大, ビブリオバトルへようこそ!「人を通して本を知る,本を通して人を知る」, 2018, 高森町立図書館, ビブリオバトル全国行脚 in 高森!@高森町,長野県 BibTeX
  93. 谷口忠大, ビブリオバトルを楽しむ「人を通して本を知る,本を通して人を知る」, 2018, ビブリオバトル全国行脚 in アンフォーレ @安城市,愛知県 BibTeX
  94. 谷口忠大, ビブリオバトルを楽しむ 「人を通して本を知る,本を通して人を知る」, 2017, 佐世保市, ビブリオバトル2017 in SASEBO BibTeX
  95. 谷口忠大, 第3次人工知能ブームとは何か?~技術背景から産業応用可能性まで~, 2017, 日本食品工業倶楽部, 招待講演,10月定例会 BibTeX
  96. 谷口忠大, 大いに語る、ビブリオバトルの魅力!「人を通して本を知る,本を通して人を知る」, 2018, 生駒市, 第3回ビブリオバトル全国大会inいこま 前夜祭 BibTeX
  97. 谷口忠大, ビブリオバトルとまちづくり 「人を通して本を知る,本を通して人を知る」, 2017, 公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター, まちセン ビブリオバトル キックオフイベント BibTeX
  98. 谷口忠大, ビブリオバトル入門講座 「人を通して本を知る,本を通して人を知る」, 2017, ビブリオバトル全国行脚 in のべおか BibTeX
  99. 谷口忠大, ビブリオバトル入門講座~「本と人」と「人と人」がつながる,楽しむ~, 2017, 四條畷市, ビブリオバトル市内中学生大会inなわて BibTeX
  100. 谷口忠大, 「本と人」と「人と人」をつなぐ ビブリオバトルを楽しむ, 2017, 筑後地区高等学校図書館協議会, 学校司書研修会 BibTeX
  101. 谷口忠大, 「本と人」と「人と人」をつなぐ ビブリオバトルを楽しむ, 2017, 裾野市立鈴木図書館, ビブリオバトル全国行脚「たにちゅー」がやって来る!in 裾野 BibTeX
  102. 谷口忠大, ビブリオバトル入門講座 「本と人」と「人と人」をつなぐ ビブリオバトルを楽しむ, 2017, 大淀町教育委員会 BibTeX
  103. 谷口忠大, ビブリオバトルによる本と人と人との知識循環 ~自立した個人からコミュニティまで~, 2017, 宇都宮市立南図書館 BibTeX
  104. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスのアプローチ 赤ちゃんの言語獲得の構成論モデルに向けて, 2017, 赤ちゃん学会, 招待講演,赤ちゃん学会若手合宿 BibTeX
  105. 谷口忠大, 20年後の社会:AIに代表される情報技術革新がもたらすもの, 2017, 立命館大学, 講義,教学部夏期研修 BibTeX
  106. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスが目指すAGI~表現(表象)学習を超えて~, 2017, 全脳アーキテクチャイニシアチブ, 第2回全脳アーキテクチャシンポジウム BibTeX
  107. 谷口忠大, AIは「共感」を生み出す クリエイティブにたどり着くのか?, 2017, メンバーズ株式会社, Members University オープンキャンパス(メンバーズ株式会社によるトークイベント) BibTeX
  108. 谷口忠大, ベイズ教師なし語彙獲得, 2017, (社)計測自動制御学会 システム・情報部門 記号創発システム論調査研究会, 第二回 Language & Robotics 研究会,お茶の水大学 (東京都) BibTeX
  109. 谷口忠大, 人工知能概論, 2017, 組み込みシステム産業振興機構, 組み込み適塾 BibTeX
  110. 谷口忠大, インタラクションを通した ロボットの言語獲得, 2017, 京都大学, Lecture at「情報学展望2」 BibTeX
  111. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスによる 実世界での言語研究にむけて, 2017, (社)計測自動制御学会 システム・情報部門 記号創発システム論調査研究会, 第一回 Language & Robotics 研究会(@理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP),東京都) BibTeX
  112. 谷口忠大, 学校図書館でこそビブリオバトルは輝き, 子供たちに笑顔と成長を生むのである。, 2017, 岩波ジュニア新書「読みたい心に火をつけろ」(木下通子)出版記念トークセッション BibTeX
  113. 谷口忠大, ロボットによる言語獲得への道 ~記号創発ロボティクスへの招待~, 2017, IBM東京基礎研究所, Invited lecture (closed) BibTeX
  114. 谷口忠大, ロボットによる言語獲得への道 ~記号創発ロボティクスへの招待~, 2017, 招待講演,2017年 第1回 IEEE Computer Society Kansai Chapter 技術講演会 ~人工知能からコグニティブ・コンピューティング~ BibTeX
  115. 谷口忠大, 大学と企業の『知』をかき混ぜるオープンイノベーションの場作り! ~日本初クロスアポイントメント契約*, その裏側に迫る!~, 2017, 京都大学情報学研究科同窓会, パネルディスカッション,超交流会 BibTeX
  116. 谷口忠大, 記号創発ロボティクス:実世界感覚運動情報からの言語獲得, 2017, 日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス(iHR)研究専門委員会, 招待講演,第7回インテリジェントホームロボティクス研究会 BibTeX
  117. 谷口忠大, 情報機構セミナー 「初めての 人工知能( AI )入門」及び「初めての 機械学習・ディープラーニング入門セミナー」, 2017, 情報機構 BibTeX
  118. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics: Language Acquisition via Real-world Sensorimotor Information, 2017, Invited talk, Gatsby-Kaken Joint Workshop on AI and Neuroscience, University College London, @London, UK BibTeX
  119. 谷口忠大, 製品の知能化・高機能化のための 人工知能(AI)の基礎と最新技術, 2017, (株)日本テクノセンターセミナー BibTeX
  120. 谷口忠大, クロスアポイントメントからの AIオープンイノベーション ~境界を超えてつなぐキャリア~, 2017, 第20回 One Panasonic イベント BibTeX
  121. 谷口忠大, 人工知能のこれまでとこれから  ~ディープラーニングと身体性の向こう側~, 2017, 立命館科学技術振興会(ASTER), 招待講演,ASTER講演会 BibTeX
  122. 谷口忠大, ベイズ教師なし語彙獲得に基づく 運転対話システムの構築, 2017, 第21回人工知能研究成果発表会 BibTeX
  123. 谷口忠大, コミュニケーション場の メカニズムデザイン, 2017, 集合知ワークショップ for Science & Engineering 2016 (C1ワークショップ) BibTeX
  124. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスによる 人工知能開発と コミュニケーション理解の射程, 2017, ネオ・サイバネティクス研究(於:東京経済大学) BibTeX
  125. 谷口忠大, 技術情報協会セミナー はじめての人工知能 ~初学者のためのAI技術の基本的な考え方、必要知識、導入手順、活用の留意点~, 2017, 情報科学技術会 BibTeX
  126. 谷口忠大, 初学者の為の人工知能セミナー ~全体像の理解と導入・応用を検討するためにおさえておくべきこと~, 2017, サイエンス&テクノロジー BibTeX
  127. 谷口忠大, AI & Robotics for future human-robot collaboration, 2017, International Community Club , 北京情報科学大学からの来訪学生を対象として BibTeX
  128. 谷口忠大,長井隆行,山川宏, 人工知能に記号接地は必要か? 全脳アーキテクチャと記号創発ロボティクスの目指すもの. 対照と融合, 2017, 計測自動制御学会 システム・情報部門, 第29回自律分散システム・シンポジウム BibTeX
  129. 谷口忠大, コミュニケーション場のメカニズムデザインによるワークショップづくり ~超時空議会制民主主義体験 ザ・キャビネット(仮称) を題材にして~, 2017, 大阪大学, ワークショップデザイナー育成プログラム BibTeX
  130. 谷口忠大, セミナー「ロボットや自動運転、製品の高機能化を支える人工知能概論」, 2016, 日経エレクトロニクス, 技術者塾 BibTeX
  131. Tadahiro Taniguchi, Nonparametric Bayesian Word Discovery for Symbol Emergence in Robotics, 2016, IEEE-IROS 2016, Invited talk, the Workshop on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive Capabilities in Robotics 2016 (@Daejeon, Korea) BibTeX
  132. 谷口忠大, 人工知能と記号創発ロボティクス ~情報の意味とコミュニケーションについて考える~, 2016, INFOSTA BibTeX
  133. 谷口忠大, 情報機構セミナー 「初めての 人工知能( AI )入門」及び「初めての 機械学習・ディープラーニング入門セミナー」, 2016, 情報機構 BibTeX
  134. 谷口忠大, ハイタレント研修「情報通信工学」機械学習, 2016, (株)デンソー技研センター, ハイタレント研修「情報通信工学」内「機械学習」 BibTeX
  135. 谷口忠大, ノンパラメトリックベイズと深層学習に基づく音声データからの教師なし語彙獲得 ─記号創発ロボティクスによる知能と言語へのアプローチ─, 2016, AIチャレンジ研究会,人工知能学会合同研究会 2016 BibTeX
  136. 谷口忠大, ビブリオバトルにおける コミュニティ形成のダイナミクス, 2016, ビブリオバトル普及委員会, 基調講演,ビブリオバトルシンポジウム2016 BibTeX
  137. 谷口忠大, ノンパラメトリックベイズに基づく教師なし語彙獲得, 2016, 電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会, 招待講演,2016年10月度音声研究会 BibTeX
  138. 谷口忠大, Symbol emergence in robotics: AI & Robotics for future human-robot collaboration, 2016, 京都大学デザインスクール, アーティファクトデザイン論 BibTeX
  139. Tadahiro Taniguchi, Nonparametric Bayesian Word Discovery by Robots: Introduction to Symbol Emergence in Robotics, 2016, Invited lecture at the University of Cambridge, UK BibTeX
  140. Tadahiro Taniguchi, Nonparametric Bayesian Word Discovery by Robots: Introduction to Symbol Emergence in Robotics, 2016, Invited lecture at the University of Reading, UK BibTeX
  141. Tadahiro Taniguchi, Nonparametric Bayesian Word Discovery by Robots: Introduction to Symbol Emergence in Robotics, 2016, Invited lecture at University of Edinburgh, UK BibTeX
  142. Tadahiro Taniguchi, Nonparametric Bayesian Word Discovery by Robots: Introduction to Symbol Emergence in Robotics, 2016, Invited lecture at the University of Warwick, UK BibTeX
  143. Tadahiro Taniguchi, Computational and Robotic Models of Language Acquisition: Introduction to Symbol Emergence in Robotics, 2016, Invited lecture at University of Hertfordshire, UK BibTeX
  144. 高田智広, 小規模地域で電力を相互融通しあうエネルギーの地産地消システム, 2016, 文部科学省 イノベーションシステム整備事業 地域イノベーション戦略支援プログラム,「電気と熱の地産地消型スマートグリッドシステムの開発」 最終成果報告会 BibTeX
  145. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics: From Embodied Interaction to Language Acquisition, 2016, UK-­Japan Workshop on Bio­Inspired Soft Robotics (@ Cambridge, UK) BibTeX
  146. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics and Unsupervised Machine Learning for LanguageAcquisition, 2016, Japan-UK Robotics and Artificial Intelligence Seminar 2016, 日本大使館主催,(@London, UK) BibTeX

Patent

  1. 竹中一仁,坂東誉司,谷口忠大, ダイジェスト映像生成装置 特願2015-47506(特許第6376005号, 登録日 平成30年8月3日), 2018 8, 株式会社デンソー・学校法人立命館(登録日:2018年8月3日) BibTeX
  2. 竹中一仁,坂東誉司,江川万寿三,谷口忠大,田中雄介, 運転支援情報生成装置、運転支援装置 特願2015-025676(特開2016-149013)公開日平成28年8月18日, 2015 2, 株式会社デンソー・学校法人立命館 BibTeX
  3. 矢野史朗,谷口忠大, 電力管理システム、管理装置、買電計画生成方法およびコンピュータプログラム 特願2014-166558(特開2016-42775)公開日平成28年3月31日, 2014 8, 学校法人立命館 BibTeX
  4. 坂東誉司,竹中一仁,谷口忠大, 運転コンテキスト情報生成装置 特願2014-117883(特許第6307356号), 2014 6, 株式会社デンソー・学校法人立命館(登録日平成30年3月16日) BibTeX
  5. 坂東誉司,竹中一仁,谷口忠大,長坂翔吾, 運転シーンラベル推定装置 特願2013-117226(特開2014-235605)公開日平成26年12月15日(特許第6026959号), 2016 10, 株式会社デンソー・学校法人立命館(登録日平成28年10月21日) BibTeX
  6. 坂東誉司,竹中 一仁,江川万寿三,谷口忠大,長坂翔吾,人見謙太郎,ナイワラ パティランネヘラーゲ チャンドラシリ, 運転シーン認識装置 特願2012-123542, 2012 5, 株式会社デンソー・学校法人立命館 BibTeX
  7. 谷口忠大,岩橋直人,中西弘門, ”応答戦略獲得装置、リアクション選択装置、コンピュータプログラム、及びロ ボット” 特願2009-181828, 2009 8, 立命館大学・NICT BibTeX
  8. 谷口忠大, 電力取引管理システム、管理装置、電力取引方法、及び電力取引用コンピュー タプログラム 特願2009-168860 (特許第5413831号), 2009 7, 立命館大学 (登録日 平成25年11月22日) BibTeX
  9. 谷口忠大,岩橋直人, 動作学習装置 特願2008-125720 (特許第5252393号), 2008 5, NICT (登録日 平成25年4月26日) BibTeX

Prize

  1. HaiLong Liu, Tadahiro Taniguchi, Kazuhito Takenaka, Yuusuke Tanaka, and Takashi Bando, IEEE GCCE 2016 Outstanding Paper Award, IEEE 5th Global Conference on Consumer Electronics, 2016 BibTeX
  2. 谷口彰, WBAI奨励賞, 2018 BibTeX
  3. ビブリオバトル普及委員会, 第十回 高橋松之助記念「文字・活字文化推進大賞」特別賞, 2016 , 「ビブリオバトル」 BibTeX
  4. Shota Isobe, The International Conference on Social Robotics 2017 Best Interactive Session (Finalist), 2017 , “Learning Relationships Between Objects and Places by Multimodal Spatial Concept with Bag of Objects” BibTeX
  5. 谷口忠大, 1994年第4回日本数学オリンピック成績優秀者, 1994 BibTeX
  6. 谷口忠大, MCTPモバイルコンテンツコンテスト2006 KLAB賞 , 2006 , 「Social Encountering Service『街角ですれ違う友達の友達は友達』-SNSに基づくユビキタスリアルコミュニケーション-」 BibTeX
  7. 谷口忠大, 日刊工業新聞主催 イノベーション創出コンテスト2009 「奨励賞」, 2010 , 「スマートグリッドにおける強化学習に基づく適応的自動電力取引手法」 BibTeX
  8. 谷口忠大, 渡辺三彦発明賞「優秀賞」 受賞, 2010 , 「電力取引管理システム、管理装置、電力取引方法、及び電力取引用コンピュータプログラム」 BibTeX
  9. ビブリオバトル(ビブリオバトル普及委員会(団体),谷口忠大(発案者)), ライブラリー・オブ・ザ・イヤー 2012 大賞 , 2012 , 「ビブリオバトル」 BibTeX
  10. 谷口忠大,椹木哲夫, FAN2005ベストプレゼンテーション賞受賞, 2005 , 「報酬設計による社会的相互作用に基づいた多様行為概念の自律的獲得」 BibTeX
  11. Tadahiro Taniguchi, Kenji Ogawa, Tetsuo Sawaragi, SICE Annual Conference 2007 International Award Finalist , 2007 , “Implicit estimation of other’s intention without direct observation of actions in a collaborative task: Situation-Sensitive Reinforcement Learning” BibTeX
  12. 谷口忠大, 2009年 日本知能情報ファジィ学会20周年記念企画査読あり論文セッション優秀論文発表賞, 2009 , 「地産地消型電力ネットワークの為のNatural Actor-Criticを用いた自動取引エージェントの構築」 BibTeX
  13. 谷口忠大, 2009年 日本知能情報ファジィ学会20周年記念企画査読あり論文セッション優秀論文発表賞, 2009 , 「複数予測モデル遷移のN-gram統計に基づく非分節運動系列からの模倣学習手法,」 BibTeX
  14. 廣瀬達也,谷口忠大, 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム FAN2011 優秀論文賞, 2011 , 「高次元姿勢情報と視覚情報からのマルチモーダル低次元表現の抽出」 BibTeX
  15. 荒木孝弥,中村友昭,長井隆行,長坂翔吾,谷口忠大,岩橋直人, 第18回創発システムシンポジウム ベストポスター賞, 2012 , 「マルチモーダル概念形成と教師なし形態素解析に基づく語意のオンライ ン学習」 BibTeX
  16. Takashi Bando, Kazuhito Takenaka, Shogo Nagasaka, Tadahiro Taniguchi, IEEE Intelligent Vehicle 2013 Best poster paper 1st prize, 2013 , “Unsupervised drive topic finding from driving behavioral data” BibTeX
  17. HaiLong Liu, Tadahiro Taniguchi, Yusuke Tanaka, Kazuhito Takenaka and Takashi Bando, IEEE Intelligent Vehicle 2015 Best student paper award, 2015 , “Essential Feature Extraction of Driving Behavior Using a Deep Learning Method” BibTeX
  18. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 SSI研究奨励賞, 2015 , 実ロボットによる場所概念と言語モデルの教師なし同時学習 BibTeX
  19. 谷口彰,稲邑哲也,谷口忠大, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 SSI優秀論文賞, 2015 , 実ロボットによる場所概念と言語モデルの教師なし同時学習 BibTeX
  20. 石伏智,谷口彰,萩原良信,高野敏明,谷口忠大, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 SSI優秀論文賞, 2015 , CNNを用いた MCL による位置推定と場所領域の学習 BibTeX
  21. 谷口忠大,古澤魁,劉海龍,田中雄介,竹中一仁,坂東誉司, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 SSI優秀論文賞, 2015 , 「二重分節解析器を用いた車載エージェントの発話タイミング意思決定法」 BibTeX
  22. HaiLong Liu, Tadahiro Taniguchi, Kazuhito Takenaka, Yuusuke Tanaka, and Takashi Bando, IEEE GCCE2016 Outstanding paper award, 2016 , “Reducing the Negative Effect of Defective Data on Driving Behavior Segmentation Via a Deep Sparse Autoencoder” BibTeX
  23. 谷口忠大,椹木哲夫, 2005年度計測自動制御学会学術奨励賞 受賞, 2005 , 「報酬設計による社会的相互作用に基づいた多様行為概念の自律的獲得」 BibTeX
  24. 谷口忠大,椹木哲夫, 2006年システム制御情報学会学会賞「論文賞」 受賞, 2006 , 「身体と環境の相互作用を通じた記号創発:表象生成の身体依存性についての構成論」 BibTeX
  25. 谷口忠大,小川賢治,椹木哲夫, 2007年システム制御情報学会学会賞「奨励賞」 受賞, 2007 , 「動的目標変化を含む協調タスクに対する状況弁別型強化学習機構の適用」 BibTeX
  26. 谷口忠大,小川賢治,椹木哲夫, 2007年システム制御情報学会学会賞「砂原賞」 受賞, 2007 , 「動的目標変化を含む協調タスクに対する状況弁別型強化学習機構の適用」 BibTeX

Media

  1. , 日刊工業新聞, 2018 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  2. , AI人材1000人を目指すパナ、クロスアポイントメント制度で招いた男, 日経XTECH(クロステック), 2018 BibTeX [LINK1]
  3. , 赤ちゃんと同じように自ら言語を獲得するロボットをつくる, 真宗大谷派宗務所, 2017 , 第69巻, 12号, 同朋 BibTeX [LINK1]
  4. , 次世代送電網関西産学タッグ, 日本経済新聞, 2009 BibTeX [LINK1]
  5. , 電力の地産地消を目指す, NHKおうみ, 2010 BibTeX [LINK1]
  6. , 湖国発新エネルギー, 京都新聞, 2011 BibTeX [LINK1]
  7. , 2011年6月16日の 朝日放送ラジオ番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』にて、谷口忠大研究室の「スマートグリッド 地産地消型の電力ネットワーク」の研究が紹介されました。, 朝日ラジオ, 2011 BibTeX [LINK1]
  8. , 立命館大学とAERAの共同企画 未来への贈りものシリーズ, AERA, 2011 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  9. , 『記号創発ロボティクス―知能のメカニズム入門』著:谷口忠大—「心とは何か?」という問いに苦悩した経験はあるだろうか, 講談社 本 7月号, 2015 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  10. , 独創求めソフト創作大会, 日経新聞, 2015 BibTeX [LINK1]
  11. , Half of all jobs will be done by robots – conference report, Diginomica, 2016 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  12. , AIで電力使用最適化, 日経新聞, 2016 BibTeX [LINK1]
  13. , 人と協 調するロボット、衛 星 画 像 からの 予 測 …期待がかかる国内の人工知能研究者, 日経ビッグデータ, 2016 BibTeX [LINK1]
  14. , 国際フィールドロボットフォーラム]①日本とオーストラリアの人工知能ロボットの研究, 韓国ロボット新聞, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  15. , 大学教授と社員兼業、AI研究意思決定早く, 日経産業新聞, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  16. , 図書館の多様性語る, 京都新聞朝刊文化, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  17. , PC-Watch 第2回 全脳アーキテクチャシンポジウム開催, PC Watch, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  18. , Story10人間の子供と同じように言語や概念を獲得していく人工知能, 立命館大学研究活動報「RADIANT」, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  19. , 巻頭対談『ロボットxAIの未来』, 立命館大学研究活動報「RADIANT」, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  20. , 春日部女子高司書・木下さんの出版イベント読書活動の広がり語り合う, 毎日新聞 地方版埼玉, 2017 BibTeX [LINK2]
  21. , 大学から企業へのクロスアポイントメントの実施, 平成29年版科学技術白書, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  22. , パナソニック企業向け事業、東京拠点 10月に移転し構造改革, 毎日新聞 朝刊, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  23. , 語る聞く人工知能研究者 谷口忠大さん, 読売新聞 夕刊, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  24. , 巻頭対談『AI/IoT/ロボットが変革する都市』, 不動産協会広報誌FORE5月号, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  25. , 大学研究者のままパナ社員に起用, 読売新聞, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  26. , パナソニック、外部人材に託す「常識破壊」, 日経新聞, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  27. , 立命館大学とパナソニック 国内初のクロスアポイントメント制度を導入, 大学ジャーナルオンライン, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  28. , 立命館大とパナソニックがクロスアポイントメント制度を導入, ICT教育ニュース, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  29. , パナソニック、本社直轄組織で試される本気度, 日経新聞, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  30. , Panasonic aims for 1,000 AI engineers within 5 years, NikkeiAsian Review, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  31. , Panasonic pins hopes on outsider ‘catalysts’, NikkeiAsian Review, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  32. , 外部人材活用パナ改革, 京都新聞, 2017 BibTeX [LINK1]
  33. , パナソニック5年で1000人, 日経新聞, 2017 BibTeX [LINK1]
  34. , AI技術者を外部雇用, 日経新聞, 2017 BibTeX [LINK1]
  35. , 大学教員兼業社員に, 日経プレスリリース, 2017 BibTeX [LINK1]
  36. , 大学教員兼業社員に, 日経新聞, 2017 BibTeX [LINK1]
  37. , 大学教員兼業社員に, 日経新聞, 2017 BibTeX [LINK1]
  38. , 大学教員兼業社員に, 日経新聞, 2017 BibTeX [LINK1]
  39. , 情報技術最前線, 京都新聞 夕刊, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  40. , AIに記号論融合, 日刊工業新聞, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]
  41. , 大学教授がパナソニックで兼業社員に AI研究で連携強化、出社は週1日, 産経WEST, 2017 BibTeX [LINK1] [LINK2]

Academic Activities

  1. Tadahiro Taniguchi, Emre Ugur, George Konidaris, Cognitive Development and Symbol Emergence in Humans and Robots, Shonan Meeting, 2016 10 BibTeX
  2. Reiji Suzuki, Michael Spranger, Julien Hubert, Jacqueline Heinerman, Chris Marriott, Peter Andras, Kazutoshi Sasahara, Takaya Arita, Takashi Hashimoto, Takayuki Nagai, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, EVOSLACE: Workshop on the emergence and evolution of social learning, communication, language and culture in natural and artificial agents , 2018 BibTeX
  3. Satoshi Kurihara, Kristinn R. Thórisson, José Hernández-Orallo, Kenji Doya, Tadahiro Taniguchi, et al., The Joint Workshop on Architectures and Evaluation for Generality, Autonomy and Progress in AI (AEGAP) , IJCAI-ECAI 2018, AAMAS 2018 and ICML 2018, 2018 BibTeX
  4. Takato Horii, Emre Ugur, Tadahiro Taniguchi, Xavier Hinaut, Tetsunari Inamura, Takayuki Nagai, Michael Spranger, Michael Beetz, The Workshop on Language and Robotics, IEEE IROS 2018, 2018 BibTeX
  5. 杉浦孔明,大野和則,下坂正倫,谷口忠大,長井隆行,山崎公俊, 確率ロボティクスとデータ工学ロボティクス~認識・行動学習・記号創発~, 2015 BibTeX
  6. 杉浦孔明,大野和則,下坂正倫,谷口忠大,長井隆行,山崎公俊, 確率ロボティクスとデータ工学ロボティクス~認識・行動学習・記号創発~, 2014 BibTeX
  7. 杉浦 孔明, 長井 隆行, 谷口 忠大, 確率ロボティクス ~行動学習から記号創発まで, 2013 BibTeX
  8. 杉浦 孔明, 長井 隆行, 谷口 忠大, 確率ロボティクス ~行動学習から記号創発まで, 2012 BibTeX
  9. Takayuki Nagai, Tetsuya Ogata, Emre Ugur, Yiannis Demiris, Tadahiro Taniguchi, Research Topic on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive Capabilities in Robotics, Frontiers in Neurorobotics, 2016 , Special issues BibTeX
  10. Amir Aly, Sascha Griffiths, Francesca Stramandinoli, Tadahiro Taniguchi, Paul Vogt, Special Issue on “Symbol Emergence and Developmental Systems: Social Symbol Grounding and Embodied Cognition in Humans and Robots” – IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems (TCDS), 2016 , Special issues BibTeX
  11. Amir Aly, Sascha Griffiths, Verena Nitsch,Tadahiro Taniguchi, Stefan Wermter, Adriana Tapus , Towards Intelligent Social Robots: Social Cognitive Systems in Smart Environments, 2017 8, Events co-organized BibTeX
  12. Tetsuya Inamura, Michael Beetz, Hiroki Yokoyama, Emre Ugur, Xavier Hinaut, Tadahiro Taniguchi, The 2nd Workshop on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive, IEEE IROS 2017, 2017 9, Events co-organized BibTeX
  13. Chen Yu, Katharina J. Rohlfing, Malte Schilling, Michael Spranger, Paul Vogt, Tadahiro Taniguchi, The 2nd Workshop on Language Learning, IEEE ICDL-EPIROB 2017, 2017 9, Events co-organized BibTeX
  14. Takayuki Nagai, Tetsuya Ogata, Emre Ugur, Yiannis Demiris, Tadahiro Taniguchi, The Workshop on Machine Learning Methods for High-Level Cognitive, IEEE IROS 2016 BibTeX
  15. 長井 隆行,岩橋 直人,岡田 浩之,稲邑 哲也,谷口 忠大, オーガナイズドセッション「記号創発ロボティクス」,人工知能学会全国大会,JSAI 2016, 人工知能学会, 2016 6, オーガナイザ BibTeX
  16. 谷口忠大,岩橋直人,岡田浩之,長井隆行,稲邑哲也, オーガナイズドセッション「記号創発ロボティクス」,人工知能学会全国大会,JSAI 2015 BibTeX
  17. 谷口忠大, 岩橋直人, 岡田浩之, 長井隆行, 稲邑哲也, オーガナイズドセッション「記号創発ロボティクス」,人工知能学会全国大会,JSAI 2014 BibTeX
  18. 谷口忠大,岩橋直人,岡田浩之,長井隆行,稲邑哲也, オーガナイズドセッション「記号創発ロボティクス」,人工知能学会全国大会,JSAI 2013 BibTeX
  19. 岩橋 直人,谷口 忠大,新田 恒雄,岡田 浩之,長井 隆行, オーガナイズドセッション「記号創発ロボティクスとマルチモーダルセマンティックインタラクション」, 人工知能学会全国大会,JSAI 2011 BibTeX

Other

  1. 谷口 忠大, 確率的生成モデルとディープラーニングに基づくAIの家庭環境への実装に向けて, パナソニック技報, 2018 , 64, 招待論文 BibTeX
  2. 谷口 忠大, 人工知能は人間の知能を超えるか?, 日本心理学会, 2018 , 80, 記事 BibTeX
  • CONTACT
  • Internal Site
  • BrainAI(英語)
  • BIBLIOBATTLE
  • R-GIRO
  • SICE
  • JST Mirai
  • CREST_Nagai